勢揃いした各種入浴剤

これは生まれ持っての性格なのか?
それとも貧困生活が続いてきた上で
形成された貧乏性なのか?

タバコとかラーメンとかいわゆる
切らすと困る消耗品は豊富に揃える
事が趣味である。

だから、タバコは現在お気に入りの
Winston Cabin100'sをカートンで
買う。手持ちのお金が無い時にタバコ
を切らすと最悪である。

最近のタバコ自販機は、10円硬貨のみ
では買えないシステムになっている。

だから恥を忍んで煙草屋の窓口で、
オール十円硬貨で買った苦い経験が
ある。それだけは避けたいと思う
ある意味で悲しい習性なのである。

今回、ホームに滞在中にネット購入
した入浴剤が切れたので、追加発注
し昨日届きまして候。

前回は通販ルート専用商品。今回は
市販商品をバラで多種多様の詰め合
わせを買う事にしておりました。

合計4600円。8種類で約92回分。
この内今朝は、登別カルルス濁り
湯タイプを使用する。白濁した湯船
がいい感じ。

白骨温泉は源泉枯渇で、入浴剤を入
れて誤魔化していたから気分はもう
白骨温泉ってところ。

これから、毎日温泉気分に浸れると
思うと嬉しくて笑顔になりまして候。

トヨタ自販機のような徹底した在庫
管理は、仕事には合理的で効率が良
い。

けれど、貧乏性の私にはたっぷりの
量をストックすると、なぜか落ち着
く。本人がそれで良いなら、精神衛
生上も好ましい。

読者の皆さん、入浴剤について語ろ
うではありませんか?

ほなまた。(^ ^)

貧乏性は爆買いが幸せなのだ❗️

この記事を書いたユーザー

ちゃばね このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 話題
  • 動物
  • 国内旅行
  • 料理
  • 感動
  • コラム

権利侵害申告はこちら