常に話題のカフェが次々と登場している韓国のカフェ事情をお届け!
今回は、ショッピングの定番エリア明洞にあるカフェMAMMOTH COFFEEのコットンキャンディーシェイクをご紹介します。思わずSNSにアップしたくなること間違いなしのキュートなドリンクです。

■MAMMOTH COFFEEとは?

出典筆者撮影

MAMMOTH COFFEE 明洞店

2012年12月に3.5坪のこじんまりとした店舗でオープンした韓国のカフェMAMMOTH COFFEE。コーヒーの味を決めるのは材料や機材の良し悪しではなく、人であり、店員とお客様とで1杯1杯を分かち合うという方針でスタート。現在は韓国国内に20店舗以上のチェーン展開をしています。最近では韓国のカフェ業界でビックサイズのドリンクが流行し、MAMMOTH COFFEEの590mlのアメリカ―ノも話題になりました。

出典筆者撮影

MAMMOTH COFFEE 明洞店

■50種以上のメニューにわくわく!

出典 http://www.mmthcoffee.com

引用:MAMMOTH COFFEE HP

コーヒーがメインのMAMMOTH COFFEEですが、実は、その他のメニューがかなり充実しているんです。【エスプレッソベース】の他に【ハーブティー/紅茶】【スムージー/ヨーグルト】【フラッペ/シェイク】【フルーツエイド】の全50種以上のメニューがあります。コーヒーが苦手という方も、お茶やシェイク、フルーツベースのドリンクを楽しむことができます。

■注目すべきは ”コットンキャンディーシェイク”

出典筆者撮影

MAMMOTH COFFEE 明洞店

そして今回おすすめしたいのはこのコットンキャンディーシェイク。淡い水色と桃色が2層になっている可愛らしいドリンクです。注文すると、店員さんが1杯ずつ丁寧に作ってくれます。出来上がりは2色のシェイクが2層になっていますが、ゆっくりと混ざり合って綺麗なグラデーションになっていきます。スリーブをつけて提供してくれますが、思わず外して写真を撮りたくなる1杯です。

出典筆者撮影

MAMMOTH COFFEE 明洞店

日本ではまだまだ紹介されていないメニューです。
長時間待つことなくゲットできる珍しいドリンクですから、ぜひいち早くチェックして素敵な1枚をシェアしてみてくださいね!「これ何?」「どこ?」と話題になること間違いなしです!

MAMMOTH COFFEE 明洞店
ソウル特別市 中区 明洞1街 34-1

この記事を書いたユーザー

とべべ このユーザーの他の記事を見る

脱サラ留学生。4年間務めたメーカーを退職し、現在は韓国ソウルの語学堂に留学中です。全ての経験が栄養になると信じて【経験の幅を広げる好奇心・経験から学ぶ姿勢・経験を伝える表現力】を磨き続けていきたいと思っています。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 恋愛
  • コラム

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス