東日本大震災をキッカケに注目された「災害備蓄用」としての缶詰。

そして、「缶つま」などの高級缶詰の出現。「缶詰専門の通販」や「缶詰バー」も注目されている。時を経て、再び“缶詰”が見直されている。

技術の進歩により、さまざまな料理の缶詰化が実現し、単なる保存食ではなく、日常的に食す一品となりつつある。また、単身者の“友”としてだけではなく、食材として料理に活用する家庭も増えている。

バブル期にはあまり見向きもされなかったが、不況になり、手軽な食材として“復権”したのである。

そんな缶詰の世界に、バブルも不況も関係なく、愛され続けている缶詰がある。ホテイフーズの「やきとり」である。

1970年、日本で最初に製造を開始したのが、ホテイフーズである。当時、やきとり缶詰が珍しかったことと、発売翌年から放映されたテレビコマーシャルが印象的で、人びとの記憶に深く刻み込まれたのである。

コマーシャルはご存知の方も多いだろう。

♪やきとりな~ら~ ホテイ やきやき~♪

私は、いまだにこのフレーズを口ずさんでしまう。

強烈なデビューを果たしただけではなく、その味のクオリティが高かったので、大人気商品となっていった。

「やきとり屋さんの味とイメージそのままを家庭の食卓に」というコンセプトを掲げ、こだわった商品開発に取り組んだ。

やきとりの美味しさには、鶏肉の質、甘辛い味つけ、焼いた香ばしさ、そして炭の香りが欠かせない。

これらを忠実に再現するためには、「業務用の何か」で代用することはできない。本物の調理法で、やきとりを作るしかなかったのである。

ホテイは、国産の鶏肉にこだわり、本物の炭火で焼き、しっかりと焦げ目をつけて、やきとり屋さんの味つけをした。これが、いまだに多くのファンを持つ理由である。

だが、やきとり缶詰は他のメーカーでも出している。「はごろも」「K&K」「いなば」「明治屋」「マルハ」など。私もいくつか食べてみたが、ホテイに勝る者はないと思っている。

好みの問題もあるだろうが、圧倒的にホテイファンが多いのは事実である。「やきとり=ホテイ」というイメージが、刻み込まれていることも、ホテイが強い理由である。

日本に最初に登場し、コマーシャルもインパクトがあった。当時の人びとが最初に口にしたやきとり缶詰は、ホテイだろう。ライバルのいない市場で、一気に広まったのだから、その認知度が一番になるのは当然である。

これを、マーケティング的には「先駆者利益」と言う。「ある企業が新たなカテゴリーで最初に商品を売り出した結果、他社より好業績を収めることである」と、定義されている。ホテイのやきとり缶詰は、まさに先駆者利益を得たのである。

だが通常は、他社が登場すると、徐々に市場を奪われるものであるが、ホテイは圧倒的な存在として、君臨し続けている。

その秘密は、絶対的な美味しさと飽きさせない商品づくりにある。

商品へのこだわりは先に述べたが、やきとり缶詰ファンを飽きさせないために、味のバリエーションや他の食材と組み合わせた新商品を生み出している。

レギュラーは「たれ味」で、次に「塩味」。「ガーリックペッパー味」「柚子こしょう味」、鶏肉とつくねの「とりつくね」、鶏肉とうずら玉子の「とりたま」、「名古屋コーチンやきとり(限定)」「防災備蓄用」などが揃っている。

そして、ユニークなのが「業務用1750g」。巨大な缶詰を一般消費者にも販売しているのである。ホテイファンなら、食べてみたいだろう。

ここまでやきとりに力を入れているメーカーは他にない。「ホテイが一番!」と言われるのも納得である。“たかが缶詰”とは言えない商品づくりに、脱帽である。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら