大阪の喫茶店は、時に“きっちゃてん”と呼ばれる。昔の日本ではそう呼ぶ人も多かったが、いまでは大阪ぐらいでしか聞かない呼び方である。

なぜ“きっちゃてん”と言うのかは定かではない。これは推測だが、大阪人独特の“イチビリ”で、そう言っているだけではないだろうか。“イチビリ”とは、関西弁で「ふざける」「調子に乗る」または「そういう人」のことである。

深い意味もなく、少しでも笑いを取ろうとする、大阪人根性の表れではないだろうか。

その“きっちゃてん”は、大阪人にとって非常に大切な存在となっている。特に中高年以上の人にとっては、生活の一部として、なくてはならないものである。

朝起きると簡単に身支度をして、“きっちゃてん”へ。モーニングを食べるためである。岐阜や愛知ほどではないが、大阪では昔からモーニングが安く、習慣として根づいている。昼は昼食のために。

“きっちゃてん”は、軽食メニューが充実している。決してカフェのようなものはないが、大阪らしい食事が用意されている。

ホットケーキやナポリタン、カレーライス、オムライスなど喫茶店の基本メニューをはじめ、これでもかというほどボリュームがあるサンドイッチ、ご飯と麺類を組み合わせた焼きそば定食やお好み焼き定食、日替わりランチなどもある。喫茶店が食堂にもなっているのである。

3時頃になると、休憩タイム。「ホットおくれ!」「レーコおくれ!」「ミーコおくれ!」「レスカおくれ!」と、注文しながら席に着く。

それぞれ「ホットコーヒー」、「アイスコーヒー(冷コーヒー)」、「ミルクコーヒー」、「レモンスカッシュ」なのだが、これも大阪独特の言い方で、いかに“きっちゃてん”が、生活に溶け込んでいるかがわかる。

また、大阪の喫茶店には必ずと言ってもいいほど、ミックスジュースがある。これもイチビって、「ミックチュジューチュ」と言ったりして、大阪人の愛する飲み物である。

夜はアルコールを置いて、飲み屋になる。マスターやママの得意料理を出し、ファンがついている。

大阪以外の人からすれば、非常にディープで入りづらい雰囲気だろう。大阪人であっても、周辺地域の人でなければ気後れしてしまう。それほど、地域の人びととの繋がりが強いのである。

常連客とその常連客が連れて来る人だけで、商売が成り立っていると言ってもいい。客同士も顔見知りが多い。通り掛かりに「ちょっとお茶でも……」と、立ち寄ることのできる店ではない。

同じ“喫茶”という商売であっても、スターバックスやドトールといったチェーン店とはまったく違う商売をしているようである。

チェーン店の増加で、“きっちゃてん”は多少減少したものの、まだまだ健在。特に中高年以上の常連さんを多く抱え込んでいるので大きな儲けにはならないが、安定した収入を得て長年営業を続けている。

チェーン店とは違う世界に存在しているのである。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら