千葉で紅葉といえば

千葉で紅葉といえば、数々名所はあれどやはり養老渓谷周辺になると思います。
渓谷沿いには遊歩道が整備され高低差も少なく、初心者でも安心してハイキングしながら紅葉を楽しむことができます。

時間によって違う魅力が

出典きーちゃんちっ!

朝靄の中の滝が幻想的。秋から冬にかけてたまに見られる。

時期はいつがいいのか?

通常、千葉の紅葉は11月〜12月がベストシーズンとされています。しかし、春の早い千葉は朝晩の気温差がゆったりなうちはなかなか紅葉が進まないので、(年にもよりますが)比較的遅めがオススメです。自治体や旅行サイトが紅葉の様子をお知らせしているところも沢山あるので、それを頼りに行くのが確実かもしれません。

紅葉まつりとライトアップ

毎年11月下旬から12月上旬はライトアップが行われ、昼間とは違う妖艶な紅葉が味わえます。
また、毎年11月23日勤労感謝の日にはもみじまつりが行われ、餅つきや農産物の販売など、地元グルメを味わえる楽しいイベントなども用意されています!

混雑を避けるなら…

出典きーちゃんちっ!

ライトアップやもみじまつりは混み合うことが予想されますが、少し早めの時期や終盤の時期なら冬の空気を感じる平日の朝が思いがけない素敵な景色に出会えるチャンスになるかもしれません。水辺に差し込む朝日が澄んだ川辺を美しく照らします。

写真の世界を体感しよう

川沿いには楓やナラなど、数種類の紅葉する樹木が自生しているため、赤や黄色の錦模様が楽しめます。
川辺に降りて行くと、遊歩道沿いに紅葉のトンネルがゆっくり蛇行しながら数キロ先まで続きます。まるで絵葉書の景色に迷い込んだような美しい色彩と川の水が奏でる心地よい音色に、しばし忙しい日常を忘れてみるのもいいかもしれません。

楽しむために

出典きーちゃんちっ!

やはり人気は粟又の滝

あまり高低差も少なく、気軽に散策できるとはいえやはり川沿いは谷になっているので遊歩道が濡れていたり、滝のそばの岩には苔が生えていたりして滑りやすいところも多いです。そういう道を数キロ歩くので滑りにくい靴を履いて来たり、水辺は冷えるので防寒もしっかりして行くのも紅葉を楽しむ秘訣かもしれません。
景色や写真を撮るのに夢中になりすぎて、ケガをしたり風邪を引いたりしないように季節が作る美しい景色を楽しんで下さい。

この記事を書いたユーザー

きーちゃん このユーザーの他の記事を見る

千葉在住のどこにでもいる主婦です。周りで起こるちょっと楽しかった事をブログにしたりしています。

得意ジャンル
  • おでかけ
  • コラム

権利侵害申告はこちら