文房具図鑑~その文具のいい所から悪い所まで最強解説

出典 https://www.amazon.co.jp

発売された今年3月、小学6年生だった山本けん太ろうさんが発売された文房具図鑑という本をご存知でしょうか?文房具をテーマに書いた「夏休みの自由研究」だったのですが、完成度の高さが出版社の目に留まり、そのまま書籍化されたのです。

小学生でありながらも、お小遣いをためて文房具を買ったり、インターネットで調べた168個のアイテムがすべて実寸大で描かれており、忠実に再現されているまさに”図鑑”となっているのです。

そんな文房具図鑑が、「ゴロウデラックス」で取り上げられましたので、ご紹介します。

図鑑とは?

Licensed by gettyimages ®

図や写真を中心にして事物を系統的に解説した書物。

出典 http://d.hatena.ne.jp

1万部売れたらヒットと言われる図鑑の中で異例の5万3000部の大ヒットを記録している、大注目の図鑑となっているのです。一体、どんな図鑑なのか気になりますね。

出典 https://iroha-shop.jp

約7割は買ったり持っていたもので試して、3割はネットや雑誌で調べて描いたという1年間かけて完成した100ページ以上にもわたる読み応えのある1冊となっています。

山本さんはお母さんがイラストレーターの仕事をされていることもあり、生まれ持った才能もあるように感じられます。

消しゴムといえばMONO

出典 http://www.amazon.co.jp

消しゴムでおなじみのMONOも6種類掲載されており、大きさや特徴、定番のサイズからノート1行だけを消せる細身のタイプまで、紹介されています。

MONOの消しゴムには、消すときに消しゴムがこすれてちぎれないようについている小さなくぼみが4つ角にあり、そのくぼみもイラストで忠実に再現されています。

厳しい意見も!

出典 http://www.amazon.co.jp

ぺんてるから発売されている修正テープカチットは、「おもしろい形の修正テープだが右手でもつと、とてももちやすい。しかし、自分自身左ききなので、とってももちづらい」「かさねぬりはダメ、上書きもダメ」といった厳しいコメントも正直に載せているのです。

出版後、改良され重ね塗りOKになったようで、メーカーからみても手厳しい存在となっているようです。

一度使ってみたいおすすめ文房具!

Licensed by gettyimages ®

山本さんおすすめの文房具なら、失敗することなく安心して買えると太鼓判を押されている心強さを持てますね。そんなおすすめの一度は使ってみたい文房具とは?

おすすめのシャープペン

出典 http://www.amazon.co.jp

ゼブラ デルガード 486円(税込)

芯がポキポキ折れてイライラしたことがある人におすすめのシャープペンです。
芯を長めに出しても、シャープペンの中にバネが入っているので、「出るのをガードしてくれるからデルガード」という名前となっています。

出典 http://www.amazon.co.jp

ぺんてる オレンズ 540円(税込)

これまでは0.3mmが一番細かったのですが、オレンズは0.2mmが一番細く、細かいイラストを描くこともできる優れものです。

おすすめのボールペン

出典 http://www.amazon.co.jp

ぺんてる ノック式エナージェル 216円(税込)

左利きの方におすすめのこちらのボールペンは、乾きが早いので、左利き特有の文字を書いていくと手にインクが付いて、伸びてしまうということを防ぐことができます。

出典 http://www.amazon.co.jp

三菱鉛筆 パワータンク 216円(税込)

ボールペンの欠点をすべてなくしたというパワータンクは、普通のボールペンは上向きに書くと途中でインクが出なくなるところ、パワータンクは上向きでも書き続けることができます。

濡れた紙にもしっかりと書けますので、アウトドアにも使えます!

おすすめの消しゴム

出典 http://www.amazon.co.jp

サクラクレパス アーチ 108円(税込)

黄緑の柄の部分にグリップがついているので、安定して消すことが出来て、消しゴムが少なくなったらミシン目がついているので、使いやすく切り取れます。紙の部分がアーチ型になっているので、そのまま商品名になっています。

出典 http://www.amazon.co.jp

コクヨ プラスチック消しゴム<リサーレ>プレミアムタイプ 129円(税込)

図鑑には載っていない商品ですが、消しやすくて消しカスがまとまる優れものです。黒くてカッコイイですし、消しカスも黒いので分かりやすいところも◎!

文房具は学生の頃が一番使っていたという方も多いでしょうが、大人になっても仕事で使ったり、日常生活で愛用しているという方も多いでしょう。学生時代は可愛さやカッコよさ重視だった方も、大人になると質を重視して選びたくなりますよね。

そんな大人が見ても、タメになる文房具の良し悪しがたっぷりと詰まっている文房具図鑑となっているのです。読んでみたくなりますね。

立ち読みをすると笑いをこらえるのが大変そうですね・・落ち着いてゆったりと読みたい図鑑となっているようです。

絵もとっても上手だし、プロ顔負けの観察力と時々クスッと笑ってしまう説明文!
どうしたらこの文房具を分かり易く紹介出来るか?と、読み手の事を考えて、
コツコツ書いたんだな~というのが、凄く伝わってきました。

出典 https://www.amazon.co.jp

最近では文具の雑誌やムックは沢山でますが、これは定番商品から新製品までメーカーに気兼ねすることなく(小学生が趣味でかいたものですからそうなんでしょうが)書いていてすばらしいです。しかも的確。
イラストや絵も味があって素敵です。広告でもなく、記事でもない、批判もしてるけれど、そんなレビューが本当にいい。
文房具が本当に好きなんだなって愛情が伝わってきます!

出典 https://www.amazon.co.jp

誰もが少なからず興味を持つことができる文房具なので、幅広い世代の方に愛されているのでしょう。読者からのレビュー評価も高いので、買って損のない1冊となっていることでしょう。メーカーからのコメントも記載されていますので、こちらも合わせて楽しめるでしょう。

今後の文房具選びの参考にしてみてはいかがでしょうか♪

この記事を書いたユーザー

nano このユーザーの他の記事を見る

話題作りが出来るような新鮮な情報を発信していきます。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス