山陰地方の一部、島根県東部と鳥取県西部では、法事に訪れた客が帰る時、引出物として「あんぱん」を手渡すという。「法事パン」と呼ばれ、誰ひとり不思議に思うことのない風習として、定着している。

最近でこそ廃れてきてはいるが、日本各地で「法事まんじゅう」が配られることはあった。固定観念ではあるが、やはり和物の「まんじゅう」の方が違和感がない。

なぜ、「あんぱん」になってしまったのか。

実は、地元の人も知らないし、文献も残っていない。「こうではないか?」という“説”は、いくつかある。

古来の風習として、参列者がお供え用に持ってきた餅を、法要が終わった後に、また参列者に配るというものがある。昔のことなので、わざわざ餅をついて持っていったのだが、大変な手間がかかるので、やがて「まんじゅう」から「あんぱん」へと変化していったのではないかという。

だが、この説では「まんじゅう」が「あんぱん」に変わった理由がわからない。

“食料”として貴重だった「餅」が、次の時代の“甘い”貴重品「まんじゅう」に変わるのは理解できる。特別な日だからこその貴重品なのだが、「あんぱん」にはそれが当てはまらない。

そこで、もうひとつの説。

発祥は昭和30年代で、40年代に入って広く普及したという。高度成長期となり、欲しいものが手に入りやすくなった。甘いものは「まんじゅう」だけではない。そこで、見栄えがする上に、当時は目新しい食べ物だった「あんぱん」が選ばれたのではないか、とするもの。

確かに、時代的には“ハイカラな洋物”だったのだろう。お決まりの「まんじゅう」には飽きていたので、「あんぱん」の登場に人びとは喜んだのかもしれない。

だが、これだけでは、なぜ「あんぱん」なのかがわからない。

残念ながら、諸説を探っても、これ以上のものは出てこない。なので、私が勝手に推測する。

ある日、法事に呼ばれたひとりの“おやじ”。本来なら「法事まんじゅう」を持参するところだが、本人は「まんじゅう」が大嫌い。引出物として、また持ち帰るのは気が進まない。何か、もらって嬉しいものはないかと考える。

このおやじは、高度成長期を謳歌している、新し物好きなので、最近巷に出現した「あんぱん」を気に入っていた。これなら、他の参列者も喜ぶだろうと、パン屋に頼んで「あんぱん」を箱詰めしてもらい、のしをつけて持っていった。

これが「法事パン」の起源である。……というのが、私の説。

物事の起源というのは、意外と単純なことが多い。聞いてみれば、“そんなこと?”となる。

また、日本の風習というのは、商売人が仕掛けたものも多い。節分の恵方巻き。バレンタインデーのチョコレート。お中元やお歳暮。平賀源内が「土用の丑の日」を作ったことは有名である。

これと同じように、「法事パン」もパン屋の巧みな戦略なのかもしれない。

ある日、パン屋の店先に張り紙が……。「法事の引出物には、まんじゅうよりあんぱんが嬉しい!」

こうして、新しい風習が生まれたのではないか。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら