ネットの世界では、現実世界とは違い軽はずみな行動を起こしがちです。
批判的な事は実世界では言えないけれどネットでは言える・・・。
そんな事が日々インターネット上で起こっております。
今回もちょっと笑いが漏れてしまいましたが、確かに「これは正論だな」とうなずいてしまう出来事がTwitter上で起こっておりました。

下記はTwitterユーザーのゴミクルーンさんのツイートで、ご本人の許可を頂きご案内させていただいております。

「ぐうの音も出ない正論でワロタ」

大学の就職支援係の方が、大学に届いた封筒を写真に撮り「ビジネスマナーでおかしいところがあるがそれは何か?」と問うているツイートが、発端のようです。(おそらくアルバイト募集の応募書類の封筒)
これに対して・・・

「はい!大学に届いた封筒をネットにあげちゃってるところがビジネスマナーでおかしい点だと思います」

す・鋭い!
確かに、大学側がTwitterにアップした写真にある、この封筒の送り主がこのツイートとアップされた自分の封筒の写真を見たら、ショックを受けるに違いない。
なぜなら、「この封筒の宛名の書き方はビジネスマナーがなっていない」とネット上で言われたも同然だからです。

封筒の送り主が見たら自分の封書だとすぐにわかると思います。
相当ショックを受けることでしょう。

この正論に対して大学側は・・・

コメントに対してお礼とキチンと封書の宛名書きのしかたを教えてくれたのです。

ところがこの返信ツイートが更に炎上を巻き起こしてしまったのです。

ビジネスマナー以前に配慮どころかTwitter担当者がおかしいんじゃないですか?ツイート投稿する際にはよく確認しましょう!って言うべきですか?

出典 https://twitter.com

御中の書き忘れより届いた封筒ネットに投稿する方が圧倒的にマナー悪いが。

出典 https://twitter.com

「反省したけど、みんなもよく確認しましょう!」って論点をずらすのがビジネスマナー的におかしいとおもいます!

出典 https://twitter.com

マナーは人を嫌な気分にさせないためにすること。人のマナーの恥を公に晒すことは1番のマナー違反。謝るだけどころか、まだ指摘して回るなんて最低な学校だな

出典 https://twitter.com

何気なくツイートしたコメントと写真がネット上で大きくなり冒頭でご紹介させていただいた「ゴミクルーン」さんのツイートは3万件近くリツイートされております。

最後には大学側もこの封筒の写真が載ったツイートを削除しており、下記のようにコメントしております。

インターネットとはこんなにも簡単に、人を怒らせたり、悲しませたり、または幸せな気分にさせたりできるツールだという事を実感せざるを得ない出来事でした。

ちょっとイメージしてみてください。
これが実世界でのやり取りならば・・・

学生が大勢いる、ある会場で拡声器を使って「この学校に届いた封筒、ビジネスマナーとしておかしいところがあるけど気づく人いますかーーー!?」
「はーい、封書の送り主の事も考えず、公衆の面前でその封筒をビジネスマナーがおかしいと、ツッコミを入れてるところがおかしいです」
「そうだ!そうだ!それこそおかしい!!」

会場は大騒ぎ・・・・

と、なるかもしれません。

インターネットは、自分のメッセージを時と場所を超えて大きくなることがあります。
よって、私たちは自分の言葉ひとつひとつに責任をもっていかなければならない時代に突入しているのかもしれません。


最後までご覧いただきましてありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

MAME このユーザーの他の記事を見る

記事を読んで下さいましてありがとうございます。東京から沖縄そして現在、国際結婚で北米在住です。海外ネタや面白い話で皆さんを幸せな気分にできたら嬉しいです(^^)

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • インターネット
  • グルメ
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス