9月23日(金曜日)は、開運日!

来るべの9月23日(金曜日)は、
天赦日(てんしゃにち)
年に5~6回しかない貴重な開運日。
日本の暦の上で最上の吉日と言うだけでも、凄い運気が上がってる気がするのですが、それにプラス
一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)
有名な吉日として大安という日があります。一粒万倍日は、その大安にも並ぶ大変に縁起のよい吉日なんです。

一粒万倍(いちりゅうまんばい)
とは、たった一粒の籾(もみ)が万倍にも実り、素晴らしい稲穂になることを表しています。

“手元にあるわずかな物で始めた事が何倍にも膨らむ"とされ、新しい物事をスタートするにはもってこいの日。

この吉日は月に4~7回あるので、「大安」や「寅の日」「天赦日(てんしゃにち)」など他の吉日と組み合う事も多いのが特徴です。

そのような日には、一粒万倍日の効果が倍増するとも言われています。逆に、仏滅などの凶日と重なったら半減してしまうようです。

この二つが重なる吉日は珍しいらしいのですが、2016年の12月8日(木曜日)にも重なる日が今年はあるので、9月23日(金曜日)宝くじが買えない人は12月8日(木曜日)に買うのもオススメです!

他にも吉日の色々な組み合わせがあるみたいなので、色々と調べてみると楽しいかもしれませんね!

最後に2つの吉日の良いとされてる事を紹介していこうと思います!
皆さんに幸運が舞い降りますように御健闘お祈りします!

天赦日に行うと良いとされること
結婚、結納、入籍、慶事
出生届
引っ越し
開業
財布の新調
今まで躊躇していた事を始める
(好きな人に告白とか!この日に初めて出会った人は自分にとって大切な人かも!?)

一粒万倍日に行うと良いとされている事
新しい事をスタートするのに最適
開業
仕事始め
種まき
お金の支出に関する事(出資など)
結婚
祝い事
銀行口座の開設
宝くじの購入 など

逆に駄目な事もあるので要注意です!

一粒万倍日に行うと良くない事
苦労の種が万倍にも膨らんでしまう
借金など人から物を借りること

この記事を書いたユーザー

ドロタ このユーザーの他の記事を見る

犬・サッカー・旅行好きの九州男子です!

得意ジャンル
  • 音楽
  • 動物
  • スポーツ
  • 海外旅行
  • 国内旅行

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス