学校を卒業したら多くの人は就職活動をすると思います。新卒時に就職する企業は自分の人生を左右すると言っても過言ではありません。自分は有名企業に入れなかったと感じてしまう人もいるかもしれませんが諦めてしまうのはもったいないです。

ただし漠然と会社に入ればいいという訳ではありません。自分がいつか入りたい有名企業に入るためにスキルを活かせる会社を選ぶということが大切になりますのでそこの軸はブレずにしましょう。その為には入りたい企業が望んでいるスキルや経験を企業のホームページや転職サイトで確認しましょう。その事前調査はとても大事です。そのことを頭に入れて入社する会社を決めましょう。

最初に入った会社は3年間は最低でも勤務しましょう。あまりにも短いと転職活動の際にマイナスイメージに繋がります。勤続年数が少ない場合はしっかり理由を考えた方がいいです。相手が納得出来るように。そうすればそこまでマイナスになることもないと思います。また会社を辞めた理由は自分の中でしっかりとイメージしておいた方がいいと思います。中途採用時の面接試験は新卒採用時の面接試験よりもハードルが高いのは事実です。新卒採用の場合は学生時代に何をやってきて何を学んだかということがよく聞かれますが、中途採用の場合は即戦力として使える人材かどうかというところを見ています。

新卒採用の場合はエントリーシートと適正検査(SPIと性格検査)と履歴書で見られますが中途採用の場合は職務経歴書という書類が必要になります。これは自分が入社してから退社するまでにどんなことをしてきて、どんな結果を残せてきたのかを見る書類です。これは実際の面接試験でもかなり見られる書類になりますので分かりやすく、まとめておくことをおすすめします。その他には自分が活かせるスキルやパソコンのスキルも記載しておくと印象がいいです。

次に中途採用に使える紹介会社を紹介します。一般的に使われているサイトはリクルートが運営している「リクナビNEXT」、マイナビが運営している「マイナビ転職」、エン・ジャパンが運営している「エン転職」、インテリジェンスが運営している「DODA」この4サイトです。毎週新着の求人情報が出てきますが、それ以外にも各企業がおこなっているエージェントというのも活用してください。特に使えるエージェントはリクルートの「リクルートエージェント」とインテリジェンスの「DODAエージェントサービス」この2つはかなり使えると思います。実際にスタッフの方から求人を紹介して頂くのですが、情報量の多さが違います。実際に通常の転職サイトに出てこない有名企業も多く出てくるので絶対に活用はした方がいいと思います。情報量の多さだけではなく、採用試験のアドバイスやフォローもしっかりやって頂けますし、履歴書や職務経歴書の添削などもしっかりやって頂けるので転職サイトしか使っていない方にはおすすめします。お金の心配は要りません。無料で利用出来るので安心して下さい。

エージェントを活用した場合はまず面談をおこないます。その前に履歴書と職務経歴書の提出が必要になりますので準備を忘れないで下さい。そしてその後は面談という流れになります。その面談に基づいて企業を紹介してくれます。受けたい!という会社があれば積極的に採用試験を受けてみましょう。その為には普段のスケジュール管理が必要です。仕事をしている方は普段の仕事と掛け持ちの状態になるので有給休暇をとるスケジュールは余裕をもって決めておいた方がいいです。面接をおこなう企業の採用担当の方のスケジュールもありますのでエージェントの方ときちんと相談して決めることをおすすめします。それだけではなく、適正検査の準備も忘れずに進めましょう。多くの企業で出てくる適正試験はSPIが多いです。特に数的処理、長文読解はよく出るので予習をしておくことをおすすめします。点数があまりにも低いと採用に至らないので・・・。参考書は本屋さんに行けば売っているのでそちらの参考書を活用して下さい。

次に面接試験に関してですが、新卒採用と同様で中途採用の面接試験も面接回数は2回から3回の企業が多いです。先程もお伝えしましたが、新卒採用と中途採用の面接は見る基準が違います。お伝えした様に即戦力として活躍できるか。それと人間性を見ています。面接試験に出てくる内容は以下の内容が主な内容です。

・自己PR
・志望動機
・退職理由
・長所と短所
・前職の職務経験
・入社後に活かせるスキル
・会社の商品の知識
・趣味や特技
・面接官への質問

だいたいこんな感じの内容です。面接時間は企業によって異なりますが短ければ20分、長ければ1時間です。新卒採用でおこなった面接の時のように元気よく受け答えしましょう。面接官への印象は大事なポイントです。また最後に必ずあるのが「面接官への質問」です。ここでは最低でも1つは質問するようにした方がいいと思います。ここでは積極性が見られます。但し的を得た質問にして下さい。あまりにも関係ない質問はNGです。

このような感じでまとめてみました。実際に求人は色んな企業で出ていますので気になる企業があればとにかく積極的に受けてみることをおすすめします。チャレンジしないことには何も始まりませんから。最後までご覧頂きありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

荒井克之 このユーザーの他の記事を見る

長野県出身で現在は愛知県に在住。2008年に山梨学院大学を卒業。8年間、サラリーマンとして働き、現在はフリーランスで仕事をしていく為にTwitterを活用したりブログを書いています。大学生活ではバイクを使って日本一周もしました。趣味は登山とマラソンと読書とバイク。登山は日本百名山完全制覇を目指しており現在55座まで登頂。2014年にはアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロを登頂。マラソンは2015年にフルマラソンでサブ4達成し、ウルトラマラソンも完走。美味しい食べ物やお菓子や食品などの新製品を探すことも大好きです。

得意ジャンル
  • 話題
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス