2016年10月より社会保障制度が一部変更されます。
今までの扶養控除の対象となっていた103万円というボーダーが106万円になるの?など少々混乱があるようです。実は今回の変更は扶養控除についてではなく違う制度の変更なんですよ。

そもそも扶養控除とは?

扶養控除は扶養している人がいると受けられる税金優遇です。
扶養している人がいると、扶養控除として税金が優遇されたり社会保険料が免除されたりします。
今の現状では、サラリーマンのご主人の収入が中心で奥さんはパートという場合、奥さんのパート収入が103万円以下なら所得税の扶養控除を受けられ、130万円以下だと社会保険の扶養範囲に入ります。
なので103万円以下にパート収入を抑えておけば、所得税にしても社会保険(健康保険や年金)にしても扶養扱いになってお得になるわけです。

103万円の所得税の扶養控除は単純に得になる制度ですが、130万円以上になると年金や健康保険である社会保険料を負担しなければなりません。
そのためパート収入が103万円以上にはなってしまっても130万円は超えないように調整して働いてるパート主婦の方は結構多いと思います。

106万円の壁というのは「年金」や「健康保険」の話だった

今回変更されるのは、これまで130万円以下とされていた年金や健康保険と言った社会保険の扶養範囲が106万円以下になることです(いくつか条件があります)。
地域や収入によっても変わりますが、扶養から外れると社会保険料として年間約15~16万円負担することになります。

たとえば110万円ほどの収入に抑えているような方のケースを考えると、106万円の変更により社会保険に加入することになれば手取りは実に94~95万円になってしまいます。これでは働き損のように感じてしまうかもしれないですね。
ちなみに106万円の変更があったあとでも、働く時間が週20時間未満だったり勤め先が501人未満の従業員数の中小企業などであれば適用されず今まで通り130万円の規定に該当となります。

新たに厚生年金、健康保険に加入することになる対象者
①以下の項目のうち、いずれか1つでも該当しない場合
・年金や医療保険の保険料を自身の給与から天引きされている
・現在、学生である
・雇用期間が1年未満の予定
・現在、75歳以上である
・勤め先の会社の従業員数(正社員など)は、500人以下である
②以下の項目に該当する場合
1週間あたりの決まった労働時間は20時間以上である
1か月あたりの決まった賃金は88,000円以上である

出典 http://www.mhlw.go.jp

パート収入を106万円に抑えたら本当にお得なの?

パート収入を106万円に抑えておけばお得になる・・果たして本当にそうなのでしょうか?
特に年金制度について考えると、ご主人がサラリーマンで奥さんが扶養されている場合、奥さんが加入しているのは国民年金です。
年金制度は階段式になっていて国民年金は職業に限らず受け取れますが将来とても少ない金額しか受け取ることはできません。
一方サラリーマンの方が加入している厚生年金は国民年金に上乗せで加入するものなのでその分将来受け取れる年金額も増えます。

そう考えると目先の現状では106万円に抑えれば社会保険料分お得になるかもしれませんが、国民年金のままだと将来的には受け取れる年金額は少ないままということになってしまいます。

働きたいのに働かないのはもったいない

103万円や130万円を気にして働くのをセーブしている方は多いと思います。
でもそういう方に聞いてみると、何も気にせず働けるなら働きたいという人が大半だったりします。
もちろん収入が増えてそこに掛かる社会保険料とのバランスを考えるとどちらのほうがいいと一概に判断するのはとても難しいと思います。

106万円以上の収入になり社会保険の加入に該当した場合、実際にどのくらいの社会保険料負担になるのか、そして将来受け取れる年金額はどれくらいになるのかなどを考慮して家族会議でしっかり決めたほうが良い問題かもしれませんね。

この記事を書いたユーザー

caffelalatte このユーザーの他の記事を見る

フリーランスとして気ままに生きる。ライターとして多様な価値観を大切にした記事を執筆。自営業をしている観点から財テク、社会保障などのアンテナを高く持つ。旅行好き。

得意ジャンル
  • インテリア
  • マネー
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • キャリア

権利侵害申告はこちら