日本における外国人もいまや「あ、外人!わわ、外人」でなくなった昨今。
海外旅行も身近になり、インターネットのおかげで益々「英語、話せたらな~」という人も増えてきていますよね。
今日は日本国内で英語力をアップし、TOEICや英検で結果を出す、さらに会話力アップの勉強法をご紹介します。

基礎英語力は意外とある

実は日常会話に必要な語彙力、文法力は中学英語と少しの高校英語力で十分対応できるんです。

日常会話での単語は、どんな言語でも2,000語程度と言われています。
2,000語と聞くと、結構多いな〜と、感じられるかもしれませんね。
でも、日本の中学校卒業時における英単語の到達目標数は、1,500語程度。高校卒業時だと、3,000語なんです。

そう、私たちは中学でほとんどの日常会話に必要な英単語をマスターし、高校まで卒業すると、完全制覇どころかプラス1,000語のオマケまで付けているのです。
簡単な日常会話なら、もう十分ですよね。
ご参考までに英検合格とTOEICスコアに必要な語彙数は

(1)4級約1,300語
(2)3級約2,100語/TOEICレベル:350~400
(3)準2級約3,600語/TOEICレベル:400~550 程度

レベル(3)は、旅行先の様々な場面において基本表現を使い自然な会話ができます。
海外旅行で買い物したり、食べたいものをオーダーし、 電車バスのチケットも買えちゃう。
英会話を始めた人がまず目標とするのがこのレベルです。
ちなみにこのあたりは高校生レベルの知識となります。
中学卒業レベルの知識だと(2)くらい。
ここだと、自己紹介や行きたい場所、自分のしたいことを伝えられるレベル(相手の返事に関してはゆっくりと限定された単語なら聞くことができる)になります。

どうでしょう、中学英語でも十分旅行先でなんとかなりそうですよね。
ところが実際は知識はあっても話せないという方がほとんどなのが日本における現状です。

なぜ日本人は英語が話せないのか

学校における英語教育では、結構読み応えのあるボリューム、内容のリーディングをやってるんです。
科学、歴史、社会、物語などなどトピックは多岐に渡ります。
でもその中でやっている作業といえば、日本語作成作業なんです。

例えば、こんな文章。
I usually eat breakfast every morning with my family.

さて、みなさんはこの文章を読んでまず何をされましたか?
おそらくほとんどの方が、英語を読んで次に和訳という作業をされたと思います。

「私は毎朝いつも、家族と一緒に朝ご飯を食べます」

頭の中ではこういう作業が行われています。
1.英語を読む
2.和訳を考える
3.日本語の語順に組み立てる

学校英語で行っていたのは3の反復練習、あらら、なんだか英語の勉強ではありません。
日本語とはしくみの違う言語を日本語に再構築する勉強だったんですね~(*^^*)

リスニングで知ってるはずの単語ばかりなのに聞き取れなかったという場合、原因は聞いた英語に対し2と3の作業に集中してしまい、次の音を聞く時間、余裕がないからなんです。

話す場合は英語を日本語に組み立てる作業の逆、日本語を英語に組み立てる作業をしています。
えーと、私は毎朝いつも家族と一緒にごはんを食べるんだから、えっとIはわかるわ、でごはんを食べるでしょ、eat breakfast、でなんだっけ、家族とだっけ、え?いつもってどこに入れるの???

頭の中はこんな状態です。
英語と日本語はしくみがまったく違う言語です。
しくみの違うものを無理やり組み立てるわけですから、そこに時間を費やしていても話せる、聞けるようにはならないのは当然というわけなんです。

語順どおりに読んでいこう

ではこうすればどうでしょう。

I /usually/eat /breakfast/every morning /with my family.
私/いつも/食べる/朝食  / 毎朝     /家族と

日本語の意味はとれますよね。
そしてこの作業は
1.英語を読むと同時に日本語に変換していく
だけなんです。

この方法だと英語の語順のまま読むの反復練習になります。
たくさん読むことで聞く力、話す力もアップします。
語彙力、文法力もついてきます。

読み物はなんでも構いません。
簡単すぎるくらいのもの、ストレスなく読めるものを選択しましょう。
目的は英語の語順通りに読むことです。
辞書と首っ引きでは、語順がストップしてしまいこの練習にはなりません。
できるだけ辞書を使わずに、そしてわからない単語は文脈から推測していくことも英語力アップの秘訣です。

さらに効率良くやってみよう 応用編

ひたすら読む練習でもいいのですが、余力があればやってみようとして応用編をご紹介しておきます。

まず読み物をコピー、印刷します。
そして、英単語のうえにキーワードを書いていきます。

コツはすべての単語に書くのではなく、反射的に意味が出てこない単語にだけキーワードをつけていきます。
汚い字で構いません、できるだけ早く書くことが大切です

本文中の「/」はフレーズ毎に区切るとわかりやすいですが、どこで区切るかわからない場合は「/」無しでやってみましょう。
フレーズの区切りについてはまたの機会にご紹介しますね。

とにかくいっぱい読んでみよう

応用編は置いといたとして、とにかくたくさん読んでみてください。
多読することで語彙力、文法力、構文力がアップします。
TOIEC試験でもスコアアップの鍵は長文攻略といっても過言ではありません。
受験でも配点の大きい長文攻略は欠かせないところです。

語順通り読むことで英語の基礎体力をつける、さらに聞く力、話す力も着実にアップします。
読書の秋、スタートしてみてくださいね。

今日もお読みいただきありがとうございました。

この記事を書いたユーザー

naomi このユーザーの他の記事を見る

気持ちいいセラピストのnaomiです。

子供の頃から家庭でくつろぐことなく緊張感いっぱいで過ごしました。
やたらとテンションが高かったり無気力だったりの繰り返し。
生きづらさを感じつつも人生なんてこんなものと諦めやブロックをかけながらの日々。
騙し騙しこのままいくのかと思っていたら、ある日心がペチャンコになっていました。
半年間自分と向き合い2年経った今、ようやく自分が好きだなぁと思えるようになりました。
もちろん色んな悩みや、失敗、そんなつもりじゃなかったのになんてこともあります。
でも、そのたびに気づくこともたくさんあって色んな感情と仲良くできているように思います。
もし生きづらさを感じていてなんとかしたいと思われているならば、何かのお手伝いになればいいなぁと記事を書くことにしました。
実際に私が心理カウンセラーから頂いたアドバイス、たくさんの啓発本、そして私がやってきたワークをより簡単に身近なことからご紹介します。
私もまだまだ失敗だらけですが、記事を通して成長していけたらと思っています。

健康とは心と身体が伴っての健康です。
女性の立場から、女性の心と身体の健康についてもご紹介していきます。

女性器、子宮はとてもデリケートです。
年齢とともに緩くなってしまうと思われがちですが、健康な女性器、子宮というのはしなやかで柔らかく弾力のある状態なんです。
ところがストレスや生活習慣の乱れでいわゆるコリの状態になってしまいがち。
コリがあるから硬くなって動かせない(しめられない、ゆるめられない)のです。

そこで、女性の大切な臓器である女性器とそれを支える骨盤底筋のエクササイズ「ヴィーナスたいそう」を考案致しました。
ゆらぎやすい女性の心と体のためのエクササイズ、そしてヒーリングで心も体も綺麗になって頂きないなと思っております。

こちらでは女性特有のお悩み解消についてや、生きづらさを感じていた私が実際行った心のワーク、そのほか日々感じたことなどから記事を書かせて頂いております。
ブログでは姿勢矯正、肩こり緩和、部分痩せなどお体のお疲れ解消エクササイズや、心の健康のためのメンテナンス方などご紹介しています。
併せてどうぞよろしくお願い致します(*^^*)

yoga&bododymake beNatural代表 naomi

得意ジャンル
  • 暮らし
  • 恋愛
  • カルチャー
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら