人の最古の伴侶「犬というパートナー」

出典筆者撮影

【 犬という単純にして奥深い動物 】

犬を育てる、迎えるために・・・

犬を迎える時、あなたは何を考えますか? どんな気持ちになるでしょうか?

一緒に山登りやキャンプをしようとか、スキーやサーフィンをやろうとか、
公園で思いっきり遊ぼうとか、ショッピングをしようとか考えるでしょう。
楽しい気持ち、うれしい気持ち、不安な気持ちになることでしょう。

しかしそれ以前に犬を迎える、育てるという事は重大な責任が必要となります。
ではなぜ、犬を迎える、育てる事には重大な責任が問われるのでしょうか?
その答えは、犬は人との生活の中でたくさんの事を学ばなくてはなりません。
それを犬に教えていかなければならないのは人、つまりあなただからです。

犬に人間社会のルールを教えていくのは、犬という動物を理解し、
努力と根気と忍耐が必要です。それが重大な責任となるのです。

もし、あなたがその重大な責任を怠れば、犬はあなたの元を離れるでしょう。
心も身体もあなたに信頼を寄せる事はなく、あなたを不安定な動物とみなします。
あなたが犬を理解し、努力と根気と忍耐を惜しまなければ、犬は生涯あなたを信頼し、
寄り添い続けることでしょう。

その経験と冒険は素晴らしいものとなります。
あなたが犬の信頼を得るためには、乗り越えなければならない難関があります。
それは犬を理解し、努力と根気と忍耐と、これからお伝えする14のガイドを見て頂くと
犬の信頼を得られることでしょう。

この記事を書いたユーザー

犬博士・ブルーノ このユーザーの他の記事を見る

千葉県旭市在住、関東圏内を中心に日英家庭犬しつけインストラクターとして活動しています。
超大型犬から小型犬まで、仔犬から成犬までどんな問題、お悩みでも対処しています。
犬を尊重し、犬の気持ちになって愛犬・ブルーノとどこへでも駆けつけます^^

得意ジャンル
  • 動物

権利侵害申告はこちら