記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
2016年9月15日(木)から16日(金)に更新された乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央さんのブログでは、抗がん剤のタキソールについて綴られていました。

副作用で指先のしびれがあらわれるので、温かいお湯にビー玉でコロコロマッサージすると楽になると、お湯にただよう綺麗なビー玉の画像がアップされておりましたね。

今回は小林麻央さんが投与しているという「タキソール」とはどのような薬なのでしょうか。医師に聞いてみました。

乳がん治療で使用される抗がん剤

乳がん治療で使用される抗がん剤には、いくつもの種類、系統があります。

メソトレキサート系、シクロホスファミド系、パクリタキセルやドキソルビジンなどが代表的なものです。

抗がん剤の種類

経口抗がん剤

エンドキサンや5-FU、UFTなど

点滴用抗がん剤

エンドキサン、メソトレキセート、アドリアシン、タキソールなど

タキソールの効果・効能

タキソールはパクリタキセルという化学物質で、乳がんのほか卵巣がんや胃がん、1部の肺がんなどにも用いられます。

がん細胞が細胞分裂するのを抑えることによって、がん細胞がどんどん増えていくのを抑えるお薬です。

タキソールの副作用

■脱毛

■嘔気

■白血球が減少してしまう

■末梢神経障害(しびれや痛み、感覚の麻痺など)

指先や脚の痺れの予防・緩和方法

温かいお湯にビー玉を入れ、マッサージする

温かいお湯にビー玉を入れてマッサージする方法は、四肢の末端にしびれの出るグローブ・ストッキング型と呼ばれる症状の出方によく用いられるようですね。

氷をなめる

氷をなめることによって、タキソールの副作用としてあらわれることのある口内炎を予防したり、和らげることができる場合があるようです。

味を変えるのは、おいしいでしょうし、レモン味などは口もさっぱりしそうですね。

手術用のゴム手袋を自分の手のサイズよりワンサイズ小さいものを2枚重ねづけし圧迫する

しびれの原因となる抗がん剤(今回の場合はタキソール)がしびれやすい指先に流れないように末梢を圧迫する、という考え方によるものと思われます。

手術用靴下で脚を圧迫する

こちらも上述の手袋の、足先バージョンですね。

それ以外のタキソールの副作用対策

■口の中の清潔を心がけ吐き気を軽くする

■筋肉や関節の痛みにはマッサージを行う

■しびれにはビタミン剤やけいれん止めのお薬が功を奏することもある

タキソールの投与法

タキソールはおよそ一時間かけて点滴をおこないます。

点滴前にアレルギー止めの点滴などをおこなうことが多いでしょう。

乳がん治療中の爪のケア

爪の色が変わってしまったり、はがれたりする場合もあるので、短く切ること、清潔に保つことが大切です。

医師からのアドバイス

タキソールは脱毛などの副作用がある場合がありますが、効果も期待できるお薬ですので、副作用の状態を確認しつつ、治療を行っていきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス