記事提供:しらべぇ

音もなく獲物に近寄り、鋭い爪や牙でガブリ。生まれながらのハンターであるトラを後ろから驚かせたときのリアクションが面白い。

ブラックジャガーホワイトタイガー財団とF1ドライバー

映像はメキシコにある大型ネコ科の保護団体、ブラックジャガーホワイトタイガー財団の施設で撮影されたもの。驚かせ役に挑戦したのは、どういうわけかF1ドライバーのルイス・ハミルトン。足音を立てないようにスニーカーを履いて、文字通りスニークしながらトラに接近してゆく。

人に慣れすぎたトラ、しかし背後からは…

そうとは知らずにのんびり歩いているトラくん。施設内のトラたちは随分と人に慣れているようで、撮影クルーが周りにいても全くお構い無しのようだ。そんな油断しきったところに後ろからルイス・ハミルトンが近付き、両手で腰のあたりをガバッ!!するとトラは…。

芸人ばりのリアクション

油断していたとは言えさすがはハンター。瞬時に身を翻して感触の正体を掴もうとするも、そのまま勢いあまって前方にドテン。なんだか大げさにズッコケたというか、リアクション芸みたいになっちゃったところがとてもカワイイ。

倒れたあとの「べ、別に驚いてねーし…」みたいな仕草もチャーミングだよね。

出典 YouTube

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス