揚げ物についついソースをかけすぎていませんか?

それ、亜鉛不足が原因かもしれません

亜鉛不足が味覚障害を引き起こす

そもそも亜鉛とはなんでしょうか? 亜鉛(Zn)と書くと金属のようですが、私たちのからだに必要なミネラルです。

出典 https://www.idrugstore.jp

味覚障害を引き起こす原因として、味が濃い食材の過剰摂取や、タバコの吸いすぎなどもありますが、一番の原因といわれているのがミネラルの亜鉛不足です。

出典 http://www.minamitohoku.or.jp

味覚を感じるのは、舌の表面にある味蕾(みらい)という文字通り花の蕾(つぼみ)の形をした微小な感覚器官です。

出典 http://www.minamitohoku.or.jp

味蕾という細胞は、短い周期で新しく生まれ変わっており、そのためにはたくさんの亜鉛を必要とします。つまり、亜鉛が不足すると細胞が生まれ変われなくなってしまい、味覚障害を引き起こしてしまうのです。

出典 http://www.minamitohoku.or.jp

なんてこった…

Licensed by gettyimages ®

亜鉛の必要摂取量は1日8mg

からだの機能・維持に不可欠な5大栄養素は【たんぱく質・資質・炭水化物・ビタミン・ミネラル】。 この、【ミネラル】の中でも特に摂取するべき【必須ミネラル16種】に、亜鉛は含まれています。

出典 https://www.idrugstore.jp

からだの中には常に1.4~2.3mgの亜鉛があると言われています。 これらの亜鉛は、体内での酵素の形成を助けており、免疫機能・治癒・精子形成・味覚感知・成長などに機能しています。

出典 https://www.idrugstore.jp

毎日の必要摂取量は8mgとされていますが、それより少ない人が多いのが現状です。

出典 http://www.hageruya.com

亜鉛は牡蠣などの食品に多く含まれる

100g当たりの亜鉛含有量では、1位が牡蠣(13.2mg)、2位 豚肉(レバー)、3位 ほや貝、4位 牛肉(レバー)、5位がカ二缶となっています。

出典 http://wellmate.jp

熱を加えて食べるとGOOD!

牡蠣100グラムあたりの亜鉛含有量は約13.2mg。100グラムというと、だいたい5~6個です。生牡蠣5個っていいお値段すぎるのがたまにキズ。ただ、亜鉛は加熱により増加するので、カキフライ1人分でOK。

出典 http://www.hageruya.com

亜鉛は下半身の健康にも必須

亜鉛は「セックスミネラル」とも呼ばれているのをご存知ですか?

出典 http://www.hageruya.com

「亜鉛は精液にもたっぷりと含まれているので、牡蠣を食べれば、当然、精液の量も増えるのです」こう語るのは理学博士で、精力剤専門店『ごりっぱや』の社長・秋好憲一氏だ。

出典 http://news.livedoor.com

適度な運動や食事管理も大事だが、精液を溜めないことには何も始まらない。そのためには、やはり牡蠣のような亜鉛を豊富に含んだ食品を積極的に取り入れるべきなのだ。

出典 http://news.livedoor.com

これから寒くなってくると、牡蠣が美味しくなる季節(牡蠣の旬は11月〜2月)。素材の良さを味わうためにも、亜鉛を上手に摂って、食欲の秋を楽しみましょう!

この記事を書いたユーザー

とっとこBuzz太郎 このユーザーの他の記事を見る

ひまわりの種が大好きです。

得意ジャンル
  • 話題
  • 暮らし
  • 美容、健康
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス