記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
2016年9月12日(月)放送の「主治医が見つかる診療所」は「場違い脂肪」について特集されておりました。

近年新たに危険な脂肪であることがわかってきた「場違い脂肪」、実は痩せている人も注意が必要です。

今回は番組内で紹介された場違い脂肪の正体、そして意外な場違い脂肪解消法を医師に解説していただきました。

脂肪のつき方の順番

1:皮下脂肪

まず脂肪がつくときは基本的に皮下脂肪がつくといわれます。

2:内臓脂肪

皮下脂肪がその人なりの許容量を超えると、今度は内臓脂肪となって腸間膜に蓄積します。

3:場ちがい脂肪

本来脂肪がつくべきでない肝臓などの組織に入り込んで脂肪が蓄積します。

場違い脂肪の症状と原因

症状

腎臓や肝臓、心臓、筋肉などの臓器に脂肪がたまり、様々な問題を引き起こします。 一例としては肝臓に脂肪が蓄積する脂肪肝などがあります。

原因

生活習慣が原因となると考えられます。食べ過ぎや運動不足、アルコール多飲などが原因として挙げられます。

痩せている人も場ちがい脂肪に注意が必要な理由

体重は標準またはそれ以下でも、皮下脂肪がためられないタイプである場合に、場違い脂肪がたまりやすい方がいるので注意が必要です。

周囲を見渡してみると、全然太っていないのにいつも会社の健康診断などで脂肪肝を指摘されている方、知り合いにいる方が多いのではないでしょうか。

場違い脂肪のセルフチェック方法

ビンのふたが開けられなくなった

筋肉が場違い脂肪に置き換わることによって力がはいりにくくなります。

ドライヤーを長時間もつと腕が辛い

こちらも腕の筋力の低下、脂肪への置き換わりによるものの可能性があります。

スリッパでつまずくことが増えた

あしの筋肉が落ち、脂肪が増えた可能性がありますね。

片足立ちで靴下をはけなくなった

こちらも足の筋力の低下、脂肪の増加という原因がある場合がありますね。

二の腕のたるみがきになる

体重は変わらなくても、脂肪が増え筋肉が落ちたことで体積が増えたことが考えられますね。

最近猫背になったと言われる

体幹の筋肉が落ちると、姿勢の保持が難しくなります。

場違い脂肪を落とす方法

フラダンス

フラダンスは、中腰で踊ることで大きな筋肉が鍛えられますし、体幹を鍛えて新陳代謝をよくするのにも役立ちます。

動き自体は緩やかで優雅で、どなたにも取り組みやすい運動ですね。

四股踏み

お相撲さんが土俵入りの時に行うことで知られる四股ふみですが、大きな太ももの筋肉をゆっくり動かすことで、骨盤や太ももなど気になる方が多い部分の大きな筋肉をしっかり鍛えられます。

新陳代謝を高め脂肪がつきにくくするのにも大いに役立つと考えられていますよ。

場違い脂肪から身を守る方法

食事は野菜や果物などが不足しないように、ヘルシーな食事内容と腹八分目を心がけ、運動不足にならないようにすることが大切といえそうですね。

≪肥満の原因は生活習慣に隠れていることが多いのです≫
なかなか痩せられない理由、知りたい?【痩せない生活習慣】チェック

医師からのアドバイス

場違い脂肪、といわれるとピンと来なくても、脂肪肝、などと例を挙げるとわかりやすいですね。病気予防の観点からも十分注意していきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス