覆面調査は調査する側もされる側も緊張している

やっと当選した覆面調査。
うれしいけれど、マニュアルを読むとだんだんとプレッシャーで
押しつぶされそうになります。

実は、調査される側はもちろん緊張するのですが、
調査する方も緊張してるんです。

覆面調査の内容は、当選してからでないと分からない!?

覆面調査のマニュアルは、当選した人だけが読むことが出来る
極秘の情報です。

安易に思って、あまりマニュアルを読まずに調査したり
怪しい行動をして調査員ということがバレてしまうと

調査報酬0ということにもなりかねないので注意です。

時間制限のある調査に注意

簡単そうだからと応募して
マニュアルを確認すると大きな落とし穴が待っています。

それが、時間指定

調査に応募する段階では、時間制限があることは
書かれていません。

ただ、調査報酬が比較的少ないものの方が時間指定がある
ということが多いです。

これは、拘束時間に関係していると思われます。

拘束時間があるといってあやふやな調査をしてしまうとやはり
レポートが承認されず、報酬がもらえないということにもなりかねません。

下記のことに気を付けて調査をすると
気持ちに余裕が出来るので、落ち着いて調査することが出来ます。

1.スタッフへの質問は短めに

調査の途中スタッフに質問しないといけない時があります。
その時答えにくい
ことを質問すると
色々面倒なことになりかねません。
時間がかかる元になるので
自分が聞かれて答えやすいと思う質問をしてみて下さい。
サクっと答えが聞けて
時間に余裕が生まれます。

2.待たない

スタッフに声をかけてもらうなど
調査する場合があります。
その時
スタッフからの声かけをずっと待っていては
時間が過ぎるだけです。
こちらから声をかける
もしくは、
スタッフの近くにさりげなく移動してみて下さい
そうすると自然な形で
スタッフから声をかけてもらったり、気が付いてもらったりします。

時間制限のある調査で
声をかけられるのをずっと待っていた時
時間だけが過ぎ
とても苦戦したことがあります。

そうならないためにも
スタッフが見える位置に移動することは
時間短縮にとても有効です。

3.シュミレーションをしておく

当たり前のことかもしれませんが、
忘れずに行っておきましょう。

シュミレーションしておくと
行動に自信が出ます。
自信が出ることで
スムーズな動きをすることが出来るんです。

不安な時って
ドキドキして、行動がぎこちない
と思いませんか?

レポート内容を
スマホにメモしてきたから大丈夫とか思い
調査内容をあまり覚えず調査に入ると
店内の電波が悪い
場合、メモが見れなくなるので
とたんに行動が怪しくなります。
もちろん、店内で紙のメモを見ることは禁止されています。
なので
シュミレーション
必ず1度はしておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
覆面調査をするだけでも焦ったり、緊張したりするのに
時間制限までついてきたら
心に余裕が出来くて、気持ちの面で負けてしまいますよね。

そんな時、上記のことを実行すると
本当に時間に余裕がうまれ、しっかりと
最後まで調査することが出来ます。

しっかりとした調査をすることで
濃い調査レポートが書けたり、
企業や覆面調査の会社に信頼してもらえるようになり
調査の当選が増えるようになります。

自分のスキルや経験値も増やせる覆面調査
是非、実施してみて下さいね。

この記事を書いたユーザー

るるみ このユーザーの他の記事を見る

節約、貯金をしながら遠距離恋愛をしています。
よろしくお願いいたします。

得意ジャンル
  • マネー
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • 恋愛

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス