Hondaは昨年のEICMA2015(ミラノショー)に出品した「City Adventure Concept」をベースに開発を進めている新型二輪車「X-ADV(エックス・エーディーブイ)」を、2017年の発売開始に向けて量産していくことを決定。これについて、本年11月にイタリアで開催されるEICMA2016(ミラノショー)にて詳細を発表するとしています。

X-ADV(イメージ)

出典画像提供:Honda

X-ADVとはアドベンチャースピリットあふれるスタイリングと装備を持つ、全く新しいジャンルを目指したモーターサイクルのようです。アドベンチャーライクなスタイリングという斬新なルックスだけではなく、都市部での快適な走行と利便性を高次元で融合させてもいるそうです。
えばアップライトなライディングポジションと衝撃吸収性に優れた前後サスペンションなどにより、未舗装路での走行までしっかりと考慮されています。また5段階調節が可能なウィンドウスクリーン&フルフェイスヘルメットが収納できるラゲッジボックスを装備するなどして、使い勝手の面でも抜かりはなさそうです。
まり都市部での快適な走行と高い利便性がデフォルトで備わったモデルだと考えて良いでしょう。

City Adventure Concept(X-ADVのベースモデル)

出典画像提供:Honda

City Adventure Concept(X-ADVのベースモデル)

出典画像提供:Honda

City Adventure Concept(X-ADVのベースモデル)

出典画像提供:Honda

X-ADVのベースとなったのはEICMA2015(ミラノショー)でお披露目された「City Adventure Concept」。オフロードモデルのようなワイルドなルックスを持つ「新型コミューター」として発表時は話題となっていました。

X-ADV(イメージ)

出典画像提供:Honda

下はHondaによるコメントです。
「X-ADVはユーザーのより充実したライフスタイルを演出するとともに、楽しさを広げる製品として誕生します。この新たなコンセプトを実現する装備として、トランスミッションにはHondaの独自技術の二輪車用DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を標準装備しています。EICMA2016ではX-ADVによるモーターサイクルの新たな世界を提案します」

本件に関する問い合わせ先は
「お客様相談センター 0120-086819(オーハローバイク)」まで。

「Every road is my road」

出典 YouTube

X-ADVのコンセプトを表現したティザー映像

この記事を書いたユーザー

Buono/隅本辰哉 このユーザーの他の記事を見る

二輪ジャーナリストとしてバイク&スクーター雑誌を中心として活動中。主に新旧スクーターに関する記事が専門。 とくにベスパを得意としていてベスパ関連書物などの出版もしています。なのでベスパを軸にスクーターやバイクのこと、ときには取材で出かけた食や遊びや旅のことまで書き記していきたいと考えています。

得意ジャンル
  • 話題
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • ニュース

権利侵害申告はこちら