サイケデリック・ホモサピエンスとの出会い

2016年9月16日(金)夜、大阪梅田にあるシャングリラというライブハウスへ、オワリカラというバンドのワンマンライブに初参戦しました。

恥ずかしながら、オワリカラというバンドを、今から約半年前に知りました。
ボーカル&ギターのタカハシヒョウリさんが描かれた「小腸はみだし夫」というキャラクターのグッズを、某雑貨店でかわいいなあと思っていて見ておりました。その時に、ちょうど横あたりに置いてあったCDアルバムも聴いてみようと思ったのが、最初に知ったキッカケです。
それから、CDや動画で曲を聴いているなかで、サイケデリックな曲の世界観と、まっすぐな感情を綴った歌詞に魅了されて、ライブでも行ってみようかなと思い、今回のライブに参戦した次第です。

ライブが始まり、ステージにメンバーが登場したとき「サイケの神様」のような出で立ちのベース担当のツダフミヒコさんに、まず目を奪われました。
頭の先から足の先まで、サイケデリックな彩り豊かな服装で、ベースを弾きながら跳んだり回り出すなどのパフォーマンスを見て「神が降臨している」とさえ思いました。

やはり、タカハシさんの生の歌声はかっこいいと思いました。なんとも色っぽい声ですが、熱く激しく歌われる姿は圧巻です。ロックを歌うなら、自分もこんな風にかっこよく歌えるようになれたらなんて思います。それに、伝説のギタリスト「ジミ・ヘンドリックス」を彷彿させるギターの演奏パフォーマンスは、ライブを見ている観客としても胸が熱くなりました。
オワリカラ初心者の自分が好きな曲が「ドアたち」で、今回のライブの前半で生で演奏を聴くことができて嬉しかったです。
自分がこの曲で好きなところは、ギターとベースのきいたイントロ、まっすぐな歌詞、AメロからBメロの間のカメダタクさんのキーボードです。通勤前や疲れたときや気分を上げたい時に聴くのがオススメですので、オワリカラのことを知らない人も一度は聴いていただきたいです。

個人的には「サイハテソング」という曲も聴きたかったです。この曲の”最果てまで届くような歌を届けたい”という熱い感情に、こちらも胸が打たれます。
今回のライブでの披露はありませんでしたが、また別のライブで生で聴くことができたらと思います。

ライブが終わるまでの時間があっという間でした。
ライブでの時間が夢のような時間で、終わってから余韻に浸ると同時に、背中を押されるような気さえもしました。まさに自分の奥底にある熱い感情も湧き出てくるような感じさえもしました。
やはり、音楽の力は素晴らしいなあと。

ライブ終了後のステージ

会場の無料ガチャガチャコーナーで入手した缶バッジ

この記事を書いたユーザー

サイゾー娘 このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • 音楽
  • 暮らし
  • カルチャー
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら