知名度の低さが問題の子供家庭支援センター

自治体によって様々な呼び方がありますが、どこの地域にも保険センターなどに設置されている「子供家庭支援センター」をご存じですか?
その名前の示すとおりに子育てに関する相談に乗ってくれる機関です。保育士さん、保健師さんが常駐していて子供のことで不安なことがあったらどんな些細なことでも話を聞いてくれるいわば駆け込み寺なのです。
ですが子育て世代のパパママへの知名度はとても低いのが現状。子供家庭支援センターとはどんな場所なのか。どんな風に活用すればいいのか、紹介します。

子育ての悩みなら何でもお任せ!頼りになる相談所

子供家庭支援センターとは具体的にどんな場所なのでしょうか?

同センターは子育て中の親を支援すべく厚生労働省の地域子育て支援事業の一環として設置が進められた公共の相談機関です。
自治体が運営をしているものなので基本的にどんな相談をしても無料です。そして子供に関することだったらほぼどんな相談にでも乗ってくれるのが特徴です。

たとえば発達の遅れや問題行動、仕事との両立の仕方、子供との接し方が分からない、離乳食の進め方が分からない、子供を怒ってばかりで悩んでいる、など。

あるいはママの就労や家計の悩みなどの一見子育てには関係なさそうな問題でも話を聞いて役に立ちそうな他の窓口を進めてくれたりします。

子供家庭支援センターはすべてのこどもを健やかに育成する支援をすることを目的としています。

ですから子供が普段暮らしている家庭そのものの問題も、ちゃんと考えてくれるのです。母子家庭や低所得家庭などの金銭面の悩みだって相談できる場所なのです。

そして何よりも子供の虐待防止ための最前線としての役割も担っています。子育てに悩む母親が一人で悩まないで相談できる場所。そんな窓口であることを目指しているのです。

なので子育て支援センターでは母親が子育てに疲れてしまった時のショートステイの受付も担当していますし、育児サークルの情報などを把握していてママがいろんな人と話をできるネットワークを整えています。

カウンセラーが常駐しているところもあるので精神的に参った時に話を聞いてもらうこともできます。一般のカウンセリングルームとは違って無料で相談できることが母子家庭などには魅力です。


知らない人が多いというのが現状の問題

このように子育てに関するどんな悩みにでも相談に乗ってくれる頼もしい子供家庭支援センターなのですが、現状ではあまり知名度が高くありません。

それは子育て世代のママに地域の自治体に相談する、という発想がなかなか定着しないからなのです。

地域の市役所区役所に行けば子育てに関してどんな相談窓口があるのか必ず教えてくれます。残念ながらお役所仕事のイメージが強く、市役所にはあまり行きたくないとマイナスな感情を持ってるママが多いことが問題の一端と言えるでしょう。

しかしそれ以上に、「そんな場所がある」ということを知らない方があまりにも多いのです。
事実子供家庭支援センターの保健師さんたちの共通の悩みは、
「悩みを抱えているお母さんが相談に来てくれない。」
ということなのです。ですからもし何かの相談にいってみたら必ず大歓迎されます。子育てママが相談に来てくれることが保健師さんたちにはなによりうれしいことだからです。

このように子育てに対して有効な情報をいくつも把握している子供家庭支援センター。もし子供を虐待してしまいそうだ、という悩みを抱えているママが居たら、なんとしても地域のセンターに相談してください。
そんなあなたのための窓口なのですから。

この記事を書いたユーザー

bungakuing このユーザーの他の記事を見る

文章を書くのが好きです。伝わりやすい記事を作っていきたいと思っています。

得意ジャンル
  • マネー
  • 社会問題
  • 育児
  • 料理
  • カルチャー
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら