紅葉にはまだ早い、だけどどこかにお出かけしたい!!
絶景広がる別世界へプチトリップしたい!!
そんなわがままな大人たちにピッタリの気軽に日本の歴史や自然、異空間を体験できる、東海エリアのスポットを厳選してご紹介します。

気軽に日本の庭園美が体験できる【徳川園】

出典筆者撮影

名古屋市東区にある【徳川園】
尾張徳川家の邸宅跡や徳川美術館がある池泉回遊式の日本庭園のあるスポットです。
まだ綺麗な青もみじや、長月はタマスダレ、フジバカマ、ヤブラン、ススキ、ハギ、ホトトギスなども見られます。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

あわせて行きたいレストラン【ガーデンレストラン徳川園】
「龍仙湖」と豊かな自然を眺めながら食事が出来るフレンチレストラン。
歴史的建造物の「蘇山荘」では昼は喫茶、夜はバーとしても利用出来ます。

出典 http://www.gr-tokugawa.jp

芸術的な秋満載の前菜。

出典筆者撮影

日本の庭園美をゆっくり堪能しながら、秋の味覚を楽しむのもお勧めです。

特別展「ザ・ベスト@トクガワ」開催中

出典 http://www.tokugawa-art-museum.jp

徳川美術館では徳川家伝来の宝物や書籍などの収蔵品が公開されています。
雅な歴史ある名品の数々にどっぷりと浸れる空間です。
特別展「ザ・ベスト@トクガワ」
9月15日~11月6日(日)まで開催中。

観月会~月を掬う~

出典 http://www.nga.or.jp

10月13日(木)に開催される十三夜のイベント。
月を掬う(すくう)
龍仙湖に月見飾りを乗せた和舟が浮かべられ、ライトアップされます。
開園:午前9:30~午後8:30(入園8時まで、雨天開園)

異空間を味わいたいなら、夜のイベントにも参加してみましょう!

大人が楽しめる珍スポット!?【桃厳寺】

出典筆者撮影

名古屋市千種区にある【桃厳寺】(トウガンジ)
織田信長の父、信秀の菩提樹で曹洞宗の寺院です。
「日本最大の木魚」や、「ねむり弁天」の他、珍スポット!?として有名になっているのは、緑の「名古屋大仏」、無数の「男根像」などが目立つからかもしれません。

出典筆者撮影

ひっそりとした入口は異空間への門のようですね。

出典筆者撮影

巨大な緑の【名古屋大仏】

出典筆者撮影

1987年(昭和62)に建立された座高10m(台座込15m)の巨大な大仏様が目に入ります。

出典筆者撮影

大仏様の周りをぐるりと一周できます。
後ろから眺める大仏様もおもしろいですね。

出典筆者撮影

閑静な住宅街にひそむ?大仏様。
マンションとのコントラストが異空間を醸し出しています。
不思議な空間を体験してみましょう。

神秘の体験ができる2日間【鬼岩公園】

出典筆者撮影

岐阜県可児郡にある飛騨木曽川国定公園の一部に花崗岩の巨岩怪石がおりなす景勝地があります。関の「太郎伝説」という鬼の話でも有名な【鬼岩公園】。

出典筆者撮影

至る所に美濃焼で造られた鬼のお面があります。

出典筆者撮影

素晴らしい風景を眺めながら散策出来ます。
ゆるやかなコースから、高低差が激しいコース。
渓谷歩きをしながら森林浴も奇岩巨岩も楽しめて、大パノラマで景勝地を見渡せます。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

見晴らしのいい絶景ポイントで、新鮮な空気を沢山吸いこんで!

注目の2日間限定イベント【岩穴くぐり】

出典 http://www.oniiwaonsen.com

毎年開催されている、「2日間限定の復活イベント」
【岩穴くぐり】が大注目!!
2016年は10月29日(土)、30日(日)の2日間。
参加無料も嬉しい所、ヘルメット、軍手は貸していただけます。

ここが秘密の空間への入り口!!

出典筆者撮影

ヘルメットをかぶって、軍手をしてこちらの入り口からスタート。
ドキドキ冒険気分が味わえます。

出典筆者撮影

所々、光が射すポイントはその美しさに思わず見入ってしまいます。

出典筆者撮影

約180mのコースで、登ったり下ったり、かがんだり。
探検気分でスリル満点。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

日差しが優しい!パンフレットのポイントがまた神秘的。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

地下から地上を見上げる異空間。不思議な世界を体験できます。
真っ暗な世界では、空も、光も、緑もとても優しい色ですね。

出典筆者撮影

出口から地上へ戻ってきます。
あっという間のわくわく楽しい冒険気分を是非味わってみて!

古い町並みへタイムスリップ!【和紙とうだつの町】美濃市

出典筆者撮影

岐阜県美濃市の古い町並みが並んでいる【和紙とうだつの町】美濃市。
平成11年5月31日「伝統的建造物群保存地区」に選定されています。

美濃市街地には江戸時代中期から明治初期の「うだつ」の上がる家を中心とした古い町並みが保存されています。
「うだつ」とは、屋根の両端を一段高くし、火災の時の類焼を防ぐ防火壁のことで、後に装飾が施され富の象徴と言われるようになりました。
「うだつが上がらない」の語源です。

出典 http://www.udatsu.jp

出典筆者撮影

立派な建物に、立派なうだつ。味のある町並みが素敵です。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

酒造場を見学したり、和紙のお店に喫茶店、日本古来の空間を感じられます。
ぶらりとノスタルジックな気分を味わいましょう。

正倉院に保管されている日本最古の紙は、大宝2年(702年)の大宝律令の際、美濃国(岐阜県南部)、筑前国(福岡県西北部)、豊前国(福岡県東半部と大分県北部)で漉かれた戸籍用紙です。1,300年も昔でありながら、美濃の紙は繊維がむらなく絡み合い、現代のものと同じように柔らかみのある独特の肌ざわりを持っています。

出典 http://www.city.mino.gifu.jp

出典 http://www.shiyu.co.jp

「和紙」の町、美濃市。上質な和紙の素敵なお店が沢山あります。

幻想的な【美濃和紙あかりアート展】

出典 http://akariart.jp

第23回「美濃和紙明りアート展」
2016年10月8日(土)・9日(日)17時~21時開催されます。
その後「あかりの町並み」として、あかりアート展の最優秀作品をアクリルケースに入れ、雨の日でも見られるよう常設展示するイベントが開催されます。
約80点の作品がうだつの町並みの軒先に並びます。
2016年10月14日(金)~11月30日(水)点灯:17時~21時

幻想に耽(ふけ)り 夢見る人をかくまういにしえを和紙のあかりが映し出す
「闇とあかり」「光と影」のおりだす幽玄の美

出典 http://akariart.jp

出典 http://akariart.jp

幻想的な空間と、優しくて柔らかいあかりにつつまれた町を散策しましょう。

美しすぎる【名もなき池】(モネの池)で瞑想に浸ろう

出典筆者撮影

岐阜県関市の清流稲取川の中腹にある【名もなき池】。
最近では人気が出すぎてすっかり【モネの池】として定着しています。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

季節、天気、光の加減、見る場所から、全てに違う景色を見せてくれる優雅な池。
泳いでいるコイと池の風景を時間を忘れ、うっとりと眺めてしまいます。

遊園地でストレス発散!秋の【長島スパーランド】は凄い!

出典筆者撮影

最後は三重県桑名市にある【長島スパーランド】です。
たまには子供に戻って、絶叫マシンで大声をあげてみては?

出典 YouTube

出典 YouTube

出典筆者撮影

ライトアップされた夜の遊園地にうっとり

出典筆者撮影

昼間はおおはしゃぎしていても、夜の遊園地はびっくりするぐらい幻想的で綺麗にライトアップされています。不思議の国に迷い込んだ気分に。

出典筆者撮影

絶叫マシーンに素晴らしいライトアップが!!
まるでアートを観ている気分になりませんか。

出典筆者撮影

秋はイベントも盛りだくさん

出典 http://www.nagashima-onsen.co.jp

出典 YouTube

出典 YouTube

いかかでしたか?
【東海エリア】でじわじわと人気のスポットから、珍しいスポット、定番スポットをご紹介しました。どのスポットも普段の生活とは違う異空間を感じられることでしょう。
大人がふら~りしたい時にぴったりのスポットではないでしょうか。
秋は五感をフル稼働して、いろいろとおでかけしたいですね。

この記事を書いたユーザー

ku-lala このユーザーの他の記事を見る

長年妊活中の名古屋在住アラフォー主婦。旅行や食、神社仏閣巡りが好きです。
ためになること、やりたいこと、行ってみたいこと、おもしろいことなどなど色々な情報を紹介していきます。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら