私は二人目を出産するにあたり和痛分娩を選びました。
一人目はソフロロジーで出産しました。

二人目は痛くない出産をしたいし、娘を出産に立ち合わせるつもりなので余裕を持って楽しく新しい命を皆で迎えたいという気持ちでいました。

ですが、私の和痛分娩はかなり痛かったです。
まず産婦人科で和痛分娩の勉強会がありました。
院長が自然分娩を推進してるとかであまり和痛を薦めませんでした。
「麻酔をかけても痛いと思う」としきり言ってました。
「麻酔を一定量を投与してるので痛くても効いてると思ってください」と話されてました。
でも私はインターネットの情報で痛い和痛分娩など見たことがなく、先生はそう仰ってますが痛くないでしょう、お酒も飲まないし今までの手術の麻酔もよく効いたので大丈夫だと思ってました。


麻酔が一番強い麻薬でなかった!!

和痛分娩の予約をした私は出産日の前日に入院しました。
夕方の診察で子宮口2㎝あいてました。
先生が「よい状態です。ラミナリアを入れてしまうと夜中には生まれてしまうのでラミナリアは入れません。翌日も麻酔の先生が来られるのが9時なので朝7時から陣痛促進剤をしますが、あまり早く進むと麻酔する前に生まれてしまうので少しづつゆっくりします。」と仰ってました。

そして、あまり眠れず翌日の7時に陣痛室に通されて陣痛促進剤の点滴をスタートしました。

早い段階で反応していたらしく看護師さんが痛くないか
確認に来てくれましたが、私はまだ痛みが分からず余裕がありました。
娘の時にあぐらでいた方がお産の進みが早いと助産師さんに教えてもらったので、今回もあぐらになり瞑想をするような感じで静かに過ごしていました。

陣痛促進剤を始めて2時間くらいたたった時にお手洗いに行きたくなりました。
お手洗いに行って帰ってきたら何かドバッと出た感じがしましたが、またあぐらになり瞑想をしてました。

9時半頃に麻酔の先生が到着されて、カテーテルを入れてもらいに処置室に向かおうと立ったときにさっきのドバッて出たものが垂れてきました。

破水していました。

麻酔の先生が「間に合って良かった!!後30分遅れていたら痛くてカテーテルを入れるどころではなかった」と仰いました。

そして、ここが重要です。
「等病院では一番強い麻薬は使っていません。その次に強い麻酔を使っています。
下腹の痛みには効くと思いますが、お腹の上の方の痛みには効かないです。」と仰いました。
まさか、出産しようとしてる今言われるとは!!
私はそれでもまだ痛みの少ない楽なお産が出きると思ってました。

一人目の時の8割くらいの痛みが…

経産婦は進みが早いからということで、陣痛室からLDRに移動しました。
内診をするとまだ子宮口2㎝です。
少しづつ痛みが強くなってきてました。
この産婦人科では子宮口5㎝にならないと麻酔を入れてくれません。

確か10分もしないうちに助産師さんがまた来られて
「モニターで赤ちゃんが下がってきてるから」ということでまた内診をしました。

私の陣痛も強くなってきてました。
子宮口5㎝になっていたので麻酔を入れてくれました。
背中に冷たいものが流れました。
これで痛みから解放される!!と期待してましたが一向に痛みが消えません。

また10分くらいで子宮口全開になりました。
痛みが全く消えず、逆に痛みが強くなっていき助産師さんに麻酔の追加を頼みましたが、「さっき入れたばかりだからまだ入れれない。麻酔が効く前に出産終わるからこのままいこう」と言われました。

ですが、赤ちゃんの頭が骨盤に引っ掛かっていたためそこから一時間かかり出産しました。
最後は吸引で引っ張り出しました。

一時間かかってる間も痛みは消えず、一人目を出産したときの8割りくらいの痛みがありました。
8割りの痛みなんでかなり痛いです。普通の出産と変わりません。

出産する産婦人科がどの麻酔を使うかを確認しましょう。

私は思っていた出産にはなりませんでした。
痛くない出産をするつもりだったので痛みに覚悟がなく、子宮口全開になった頃に一度「痛い痛い痛い!!」と叫びました。

まだ1歳9ヶ月だった娘は母ちゃんが可哀想に思い
「母ちゃん、母ちゃん~」と泣いてしまいました。
私はその娘の声を聞いて、トラウマになってしまうんじゃないかと心配になりそれからは意地でも叫びませんでした。

皆で新しい命を迎えたい、温かい雰囲気で迎えたいって思っていた理想通りにいかず、すごく後悔しました。こんなことなら娘を出産した時のようにソフロロジーで出産すれば良かったと思いました。

出産はお母さんにとっても赤ちゃんにとっても一大イベントです。
誰もが理想の出産があると思います。
皆が皆、思い通りにはいかないとは思いますが。無事に赤ちゃんが生まれてきてくれる事が一番大切なことなので贅沢な話だったかもしれませんが。
ですが、お母さんの理想もあると思います。

和痛で出産を選ばれるということは痛みに弱かったり出産に不安があったり色々な
理由があると思います。
産婦人科の先生や看護師さんに使っている麻酔を確認するだけで防げる誤解があります。
和痛での出産を考えられてる方には確認することをお薦めします。

この記事を書いたユーザー

くまちゃん このユーザーの他の記事を見る

2010年に不安障害になってしまいました。10年間の赤ちゃんが授からず色々なことを試してみました。
今は二人の子どもに恵まれました。
まだ不安障害は完治しておらず、広場恐怖が残っています。そんな私ですが迷いながらも楽しく子育てしてます。そんな日々の日記をブログにしています。

得意ジャンル
  • 育児
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら