いまコンビニ各社は、店員へのシニア層の採用を積極的に行っている。

政府が訴えている「高齢者の雇用促進」ではなく、シニア層の“能力”を買っての採用である。セブン‐イレブンは、年齢無制限で、労働日数・労働時間も相談に応じている。

なぜ、そこまでしてシニア層を採用するのか。

それは、「コンビニが社会で果たす役割」にある。言い換えれば、社会から求められていることに応えるためには、シニア層の力が必要なのである。

シニア層は社会経験が長く、常識や人との接し方を知っている。SNSで暴走するような若い店員のようなことはしない。学生やフリーターと比べると、勤務態度が良く、遅刻や欠勤も少ない。世代的に真面目な人が多いので、自分の与えられた仕事・役割をきちんと理解している。それが、若い店員にも良い影響を与えているという。

だが、これらはシニア層の“素質”であって、“能力”ではない。コンビニが期待する能力は、もっと他にある。

コンビニではいま、高齢者の利用が増えている。遠くのスーパーより、近くのコンビニ。店の規模や利用できるサービスが、高齢者にとって非常に便利なのである。

スーパーは大きくて疲れるが、コンビニは小さい。すぐに食べられる弁当や惣菜、小さくカットされた野菜が売られている。荷物を送ることも公共料金を支払うこともできる。

そんな便利さに気づいた高齢者が、日常的に利用するようになったのである。

こうなると、高齢者にとってコンビニは、生活に不可欠な存在となってくる。コンビニとしても、望まれているのなら、それに応えなければならない。

そこで始まった取り組みが、ひとり暮らし高齢者への買い物支援や弁当の配達、移動販売などである。この取り組みに必要なのが、シニア店員なのである。若い店員でも良いのだが、高齢の客とのコミュニケーションが難しい。シニア店員なら、同年代や年配者の気持ちを理解しやすい。

また、地元の人間なら、地域の実情にも詳しいので、客とのコミュニケーションが取りやすい。人と人との繋がりを作りやすいので、地域密着型の店舗として、客にも愛される。

今後、コンビニに求められるのは、「地域のインフラを担うこと」である。地域の中心的存在となって、地域社会を守っていく。その“機動力”となるのが、シニア店員なのである。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら