子育て。
毎日、毎日悩みますよね。

けど、ふと思ったんです。

親である私たちも、育った家族に対して、
何かしら”不満”を持っているんですよね。

親に”不満”が何もない方が珍しい。

子育てって、結局そんなもんなんだなぁ〜って。

人によって、それぞれですが、
大体の人が、育ってきた家族よりも
自分で作った家族といる期間時間の方が長いんですよね。
一番長いのが夫婦でいる時間。

だからね、
”子育て”は”親育て”っていうぐらいだから、
”子育て”は自分の人生の”糧”ぐらいに考えて
”一生の仕事”ではないんだな〜と。

それよりも、”夫婦”をいかに楽しく過ごすかの方が、
人生を考えたとき、大切なんじゃないかな〜と。

子どもも、血は繋がっているとはいえ、
結局、他人です。

人間が違う。
人生も違う。
生き方が違う。

だから、”親の思うように育てよう”としたって
そりゃ難しい部分もあって当然です

考え方がそもそも違うんだもん。

親の私たちだって、考えましたよね?

『親が〇〇だったから、私はそんなことは子どもにしたくない』
『親が、こんな風にしてくれたから、私もこうしたい』

親は子どもの価値観の基準にはなりますが、
親がやっていることが、そのまま答えになるかどうかは子ども次第

だから、”子どもを幸せにしたい”って肩に力を入れる必要はないんだな〜って。

親にできることは、

子どもが何かをやりたい、進みたいと思った時に、
どうやって行動をしたらよいか、いろんな方法を教えてあげること

つまり、”自分で考える力””生きていく力”をつけてあげること。

あとは、社会で生きていく上でのマナーを教えてあげること。

なんじゃないかな〜と。

これも、伝えることはできても、
どう活用していくかは子ども次第だと思うけど・・・。
(世の中の型にはまりたくない子もいるだろうしね)

とは言っても、大切な子どもが幸せになって欲しいと
力が入るのは当然のこと。

それをしなくてもいいっていうのも逆に難しいかもしれないけれど・・・

でも、親に反抗して、自分の力で生きようと
家を飛び出して、
社会に出て挑戦して、
新しい家族を作ろうとするっていうのは素晴らしいこと。

だから、ある意味、
夫婦がしっかりしていれば、
少々家の居心地が悪かったっていいじゃない?って思う。

親に腹が立つ?
親と一緒にいたくない?
私ならもっとできる??

上等ですよね。
それぐらいの勢いで出ていくぐらいが子育ては良いのかもしれない。

そして、何か子どもが失敗した時に
”帰る場所”であればそれで良いのかもしれない。

子育て、毎日悩むことばっかりだけど、

自分のしたことがあっているのか間違っているのか
わからないことばかりだけど、

結局、それに”答え”が出ることはないんですよね。

だから、もういいんです。
やれることを精一杯すれば。

悩んで、暗い顔の方がもったいないですよ。
できることをして、笑っていれば、

あとは、子どもの人生です。
子どもの責任で生きてもらうしかないんです(笑)

子育て、とってもとっても大切で、
複雑で、難しいことのように捉えてしまいがちですが。

世界を見ても、いろんな子育てがあります。
いろんな常識があります。

日本では”そんなことしたら死ぬ〜”って思うことを
他の国ではやってたりします。

だからね、
”育つ”んです。
大丈夫。

”正しい”ことをしなくても、
その”正しさ”も時代で変わっていくもの。

雑誌も育児本も”時代”で変わっていきます。

だから、参考程度で大丈夫。
心配しなくても、”育ちます”

子育ては”そんなもん”

この記事を書いたユーザー

Nakamura このユーザーの他の記事を見る

3人の子育てをしています。
特に特技があるわけではありませんが、等身大の私でお話をさせていただくことで、ホッと肩の力が抜けるようなお手伝いができたらと思います。

得意ジャンル
  • 育児

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス