出典筆者撮影

北陸で美味しいお寿司が食べたい!ということで富山県に行ってみました。

どこに行こうかと思ってインターネットでググったらこのすし玉というお店が出てきました。本当に美味しいのか?と気になって早速入ってみました。

出典筆者撮影

店内に入ったら数多くのサインが貼られていました。これは期待が高まりそうです。

出典筆者撮影

開店が11時だったので11時過ぎに行ってみたのですが、行ってみたらすでにすごい行列。駐車場もすでに満車の状態でした。

出典筆者撮影

開店時間が30分以内にも関わらず、すごい賑わっていました。新鮮なネタを使用したお寿司がレーンを廻っていました。私は1人で入店したので運よく、待ち時間20分程度でカウンター席に座れました。

席に座って早速、メニューをチェックしてみました。

出典筆者撮影

価格は1皿100円から700円まで。多くのネタの種類があり、北陸ならではのネタも揃っています。

出典筆者撮影

その他のネタとサイドメニューです。この日のお味噌汁はあさり汁と渡り蟹の味噌汁でした。刺身の盛り合わせも美味しそうでした。

出典筆者撮影

お酒の種類とおつまみも充実した品揃えでした。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

おすすめのメニューは店内入口と店内の黒板に書かれていました。気迫が感じられます。気合いが入ったので早速注文してみました。

出典筆者撮影

1皿目はまぐろ三種盛り。写真左:中トロ、写真中央:ビンチョウカマトロ、写真右:赤身。中トロは程よい脂ののりで美味しかったです。赤身もいい味してました。3カンで500円とリーズナブル。納得の味です。

出典筆者撮影

2皿目は地物ネタを使用した富山湾盛り。写真左:白えび、写真中央:ホタルイカ、写真右:カニハラミ。富山名産の白えび、ホタルイカがとても新鮮で美味しかったです。特に白えびは美味しかったです。白えびの旨さが口いっぱいに広がりました。こちらも1皿500円とリーズナブル。

出典筆者撮影

3皿目。朝獲れ三種盛り。写真左:ノドグロ、写真中央:カワハギ、写真左:真鯛。初めてノドグロを食べてみましたがなかなかいい味です。程よくとろける感じがたまりませんでした。こちらも1皿500円。

出典筆者撮影

炙りのネタも食べてみました。写真左:ブリ、写真中央:サーモン、写真右:サストロ(カジキのトロ)。炙りもなかなかいい味でした。こちらも1皿500円。

出典筆者撮影

軍艦も食べてみました。ネギトロ軍艦は大盛りで口いっぱいにネギトロの旨さが広がりました。これは結構美味しかったです。こちらは1皿280円。

出典筆者撮影

こちらは大盛りのカニハラミ。山盛りのカニがすごい贅沢な1皿でした。こちらは380円。結構、美味しいです。

出典筆者撮影

寿司屋では絶対に食べたいネタの穴子も注文してみました。甘ダレとの相性が抜群でした。価格はこのボリュームで1皿280円とリーズナブル。

出典筆者撮影

最後に細巻きを注文してみました。お店のおすすめのネタ、まちこ(ハマチとしそ)。ぎっしりと詰まったハマチの細巻きは食べ応え十分の1皿でした。こちらは1皿150円とお得。

ということで検証してみましたが実際に食べてみて、人気が出る理由がはっきりとわかりました。また近いうちに行ってみたいです。今回、行った店舗はすし玉富山掛尾店です。お持ち帰りメニューもあり、クレジットカードの支払いも可能でした。他にも3店舗展開されているので金沢や富山に行った際はぜひ一度行ってみてください。きっとハマると思います。

この記事を書いたユーザー

荒井克之 このユーザーの他の記事を見る

長野県出身で現在は愛知県に在住。2008年に山梨学院大学を卒業。8年間、サラリーマンとして働き、現在はフリーランスで仕事をしていく為にTwitterを活用したりブログを書いています。大学生活ではバイクを使って日本一周もしました。趣味は登山とマラソンと読書とバイク。登山は日本百名山完全制覇を目指しており現在55座まで登頂。2014年にはアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロを登頂。マラソンは2015年にフルマラソンでサブ4達成し、ウルトラマラソンも完走。美味しい食べ物やお菓子や食品などの新製品を探すことも大好きです。

得意ジャンル
  • 話題
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス