出典筆者撮影

秋が近づいてくるとどこかに出かけてみようという気持ちになります。

どこに行こうかと迷っている人は尾瀬に行ってみてはどうでしょうか?尾瀬は自然の風をたくさん浴びることができる場所です。6月から10月中旬までは東京の浅草から東武線で夜行列車も走っています。

出典筆者撮影

尾瀬は日本百名山が4つあります。至仏山(標高2,228m)、燧ヶ岳(標高2,356m)、会津駒ヶ岳(標高2,132m)、平ヶ岳(標高2,141)の4つです。但し平ヶ岳に関しては登山道の距離が長い山なので健脚で体力がある方向けとなっています。ご自身の体力に合わせてチャレンジしてみてはどうでしょうか?登山をしなくても尾瀬国立公園を歩くだけでも結構気持ちいいですよ。山小屋も多いので自然の風を浴びながら一泊するのも楽しいと思います。

長い時間、運動がするのが面倒くさい方でしたらこちらのミニ尾瀬公園をお勧めします。歩く距離が少ない公園ですが、尾瀬の雰囲気を感じることが出来るので気軽に楽しめると思います。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

以上、簡単ですが、尾瀬の魅力をお伝えしてきました。自然はとても豊かなのですが、尾瀬の近くにはコンビニエンスストアがありません。近くの福島県檜枝岐村には小さいスーパーと商店しかありません。あらかじめ食料品は購入しておくことをお勧めします。

出典筆者撮影

これが村にある唯一のスーパーです。食料品や日用品などが購入できます。ただし、おにぎりやお酒などはこちらでは購入出来ません。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

その他には小さな商店が2つあります。1枚目の平野商店というお店ではお酒が購入出来ます。それ以外には品揃えが悪いので最初に紹介したスーパーで購入することをお勧めします。旅館やロッジに宿泊する場合は宿泊先の中にも売店が入っているのでそちらでもお酒や菓子、おつまみなどは購入出来ます。ちなみに最寄りのコンビニはYショップというコンビニがありました。ただしこの村からは20キロ程度離れます。おまけに営業時間は夜の8時までとなっていました。コンビニが無いというのは不便だなと感じることでしょう。賞味期限が長い食料品や飲料や日用品はあらかじめ買っておいた方がいいと思います。

出典筆者撮影

ちなみにガソリンスタンドも1店舗あります。ガゾリンが少ない場合は給油しておいた方がいいでしょう。その他にガソリンスタンドはありませんでした。ちなみに郵便局もありました。ATMが使える時間は限られており、遅い時間は使えませんので気をつけて下さい。

ちなみにこの檜枝岐村は裁ちそばと味噌ラーメンが人気みたいです。

出典筆者撮影

まる家さんという蕎麦屋さんに行ってみました。メニューは以下の通りです。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

メニューはこんな感じでした。ということで裁ちそばを注文してみました。

そばはのどごしがよく、めんつゆとの相性もとても良かったです。また、天麩羅の盛り合わせは岩魚や旬の山菜をしていて、サクサク食感でそばとの相性は抜群でした。

出典筆者撮影

ちなみにこの檜枝岐村でしか食べることが出来ない、「はっとう」という料理も食べてみました。そば粉ともち米を練って周りにエゴマをまぶしています。食後のお茶うけに食べてみました。もちもちした食感でそばの風味が香る味わいです。そばと天麩羅とはっとうを食べたら結構お腹いっぱいになりました。ここのまる家さんは結構美味しかったです。

出典筆者撮影

その他にかどやさんという蕎麦屋さんに行ってみました。ここのお店も人気があるようです、地元の方から味噌ラーメンが人気があるということで味噌ラーメンを食べに行ってみました。メニューは以下の通りです。

出典筆者撮影

メニューはこんな感じです。こちらも裁ちそばは注文出来ますが、天麩羅はありませんでした。ということで早速味噌ラーメンを注文してみました。

出典筆者撮影

味噌チャーシュー麺です。撮影する前に会津駒ヶ岳を登ってきたのでとても美味しく感じました。見た目以上にさっぱりした味わいで少しピリ辛で食欲がそそりました。この味噌ラーメンをわざわざ食べに来る人もいるようで、福島県の情報誌にも紹介される程、人気の様です。登山の後にお勧めしたい1品です。スープが体に染み渡りますよ。

そして宿泊先ですが、価格を抑え方はこちらの尾瀬御池ロッジをお勧めします。他の旅館や宿泊先と比べてみて価格がリーズナブルで施設の中も綺麗でお風呂も入れます。尾瀬国立公園に入る前日の前泊に使用する時や日本百名山の会津駒ヶ岳、平ヶ岳、燧ヶ岳、至仏山に行く前に前泊する時も使えるロッジです。登山後の日帰り入浴も可能です。料金は500円でした。ちなみに携帯の電波がないエリアですので気をつけて下さい。docomoとauはロッジのロビーで使用できます。

出典筆者撮影

出典筆者撮影

出典筆者撮影

このロッジの横には売店があります。嬉しいことに売店横の食堂では生ビールが飲めます。登山後のビールは最高に旨いですよ。1杯700円でした。別メニューにはおつまみや麺類などのメニューもありました。その他には売店でアイスクリームやジュースやパンも購入できます。

出典筆者撮影

ちなみに近くの南会津町ではこんなイベントもやっているようです。タイトルを見ただけでもインパクトがありました。

ということで尾瀬の魅力を伝えてみました。気になった方はぜひ1度、足を運んでみて下さい。尾瀬ならではの魅力をきっと感じることでしょう。

この記事を書いたユーザー

荒井克之 このユーザーの他の記事を見る

長野県出身で現在は愛知県に在住。2008年に山梨学院大学を卒業。8年間、サラリーマンとして働き、現在はフリーランスで仕事をしていく為にTwitterを活用したりブログを書いています。大学生活ではバイクを使って日本一周もしました。趣味は登山とマラソンと読書とバイク。登山は日本百名山完全制覇を目指しており現在55座まで登頂。2014年にはアフリカ大陸最高峰のキリマンジャロを登頂。マラソンは2015年にフルマラソンでサブ4達成し、ウルトラマラソンも完走。美味しい食べ物やお菓子や食品などの新製品を探すことも大好きです。

得意ジャンル
  • 話題
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 暮らし
  • 恋愛
  • コラム
  • 感動
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら