こんにちは!

ミュンヘンではオクトーバーフェストが始まりました。

この時期、日本からドイツへ旅行で来られる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

旅行の楽しみといえば、ショッピングもその1つ!
私は現地のスーパーマーケットをのぞくのが好きです。

本日は、ドイツのスーパーマーケットで驚いた、日本との違いをご紹介します。


1.清算前でも持参した買い物バッグに入れる

日本では、スーパーマーケットで買い物する際には、お店に備え付けられたカートや買い物カゴを使いますよね。

ドイツでは、日本同様にお店のカートも使いますが、少ないお買い物の時には持参した買い物バッグ等に品物を入れてもいいんです。

私がドイツへ来たばかりの頃、レジで前に並んでたお兄さんが、手に何も持っていなかったので、不思議に思っていました。

すると、徐ろに自分のリュックから2 Lのペットボトルを4本も出してきたので、びっくり!

故意じゃなくても、うっかり精算忘れが生じそうですね…。

私は買い物カゴでスーパーマーケットへ行った時のみ、持参したカゴを使用しています。


2.野菜の重さは自分で測ってバーコードを貼る

全てのスーパーマーケットにあてはまるわけではありませんが、レジに持って行く前に野菜や果物に自分で値段を貼るシステムが存在します。

1 kgあたり2ユーロ、というように、量り売りされる野菜や果物を買う際は、野菜売り場にある機械で該当する野菜を選び、重さを測ります。

そうすると、値段がかかれたバーコードが出てくるので、それを野菜の袋に貼って、レジへ持って行きます。

バーコードを忘れるとレジを通せないこともあるようなので、要確認!

こういった機械がないところは、レジで測って精算してもらえます。


3.レジ担当の人がマイペースすぎる

ドイツでは、レジ担当の方は座ってレジを打ちます。

しかも、他のレジ担当の方とおしゃべりしながらだったり、2 Lのコーラを合間にぐいっと飲んだりしながら、マイペースにお仕事。

日本では考えられません!笑

また、レジに長蛇の列が出来ていても、レジ担当が増えることもあまりありません。

ドイツ人が「真面目で勤勉」とは少し違うな…と初めて感じたのは、スーパーマーケットでした。

はじめはあまりに遅いと少しイライラしましたが、段々と慣れ、今ではのんびり待ち構えられるようになりました。

郷に入れば郷に従え、ですね。


番外編:譲る、譲られる

どんなことがあっても、列の順番は守る日本人は戸惑うかもしれませんが、ドイツでレジに並んでいると、「品物1つだから先に行かせて!」と言われることがあります。

また、こちらの精算が少ない時には、譲ってもらえることも。

もしも旅行中にこのような場面に遭遇したら、気持ちよく譲る、または譲られましょうね。


海外へ行くと、日本と異なる習慣に驚くことも多々あります。
できるだけ事前に調べて、楽しい旅行をしたいものですね。

この記事を書いたユーザー

ぐで このユーザーの他の記事を見る

理系大学院卒業後、製薬会社に勤務していました。結婚を機に退職し、夫の海外赴任に帯同してドイツへ渡航。現在はバイエルン州で専業主婦として奮闘中。旅行と料理が好きです。

得意ジャンル
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • グルメ
  • 料理

権利侵害申告はこちら