愛知県碧南市を中心とした西三河地方でのみ販売されていた袋入りインスタントラーメン。それが、「キリンラーメン」である。

初めて見る人は、「いつの時代のものだ?」「いまも売っているの?」と、驚いてしまうほどのレトロ感漂うパッケージ。古くさい色使い。古くさいロゴ。古くさいデザイン。いまでも売っていることが不思議なほどである。

愛知県碧南市にある製粉会社が、昭和40年に発売を開始。地元、西三河地方では絶大なる人気を誇ったものの、次々に現れる大手メーカーに押され、平成7年には生産中止となる。

だが、昔から親しんできた地元ファンからの熱い要望がじわじわと沸き起こり、7年後の平成14年に復活することとなる。大手メーカーの“新しい味”に惑わされていたファンが、慣れ親しんだ味に回帰したのだろう。

子どもの頃から食べていた味には愛着があり、時代が移り変わろうとも、捨て去ることはできない。「キリンラーメン」は、そのパッケージと同じで、味も昭和な感じがする。素朴で、どこか懐かしい。

「キリンラーメン」は復活に際し、待ち望んでくれた地元に恩返しするために、原材料の大半を地元産に切り替えた。同時に、他の材料もすべて国内産に変え、安全・安心をアピールした。

その結果、売り上げが伸び始め、西三河から飛び出すこととなる。地道な営業活動やマスコミに取り上げられたことから、少しずつ全国に出荷できるようになっていった。レトロ回帰や昭和ブームに、ピタリとはまる商品だったのである。

これをキッカケに、次々と新商品を開発し、そのユニークさもあって、さらに注目を集めるようになる。「キリンラーメン」を筆頭に、「ペンギンラーメン」「カピバララーメン」「イルカラーメン」などが続く。

ハッキリ言って、妙なネーミングである。ラーメンとはまったく関係がない。なぜ、こんな名前をつけるのか。「キリンラーメン」の由来を調べてみた。

キリンの首が長いことから、“末永く”愛されたいという願い。子どもから年配の方まで幅広い層に親しまれているキリンのように、“親しみやすい”商品でありたいという思い。この2つで、名前が決まったようである。

だが、「ペンギン」や「カピバラ」はどうなのか。これらは、水族館や動物園とのコラボ商品だという。最近はコラボ商品が多いが、名前が「ペンギン」「カピバラ」というのは、おかしくはないだろうか。コラボをしている相手をわからせる名前が妥当なのでは。

パッケージデザインに、「ペンギン」「カピバラ」を使うのは理解できるが、なぜ動物の名前がそのまま商品名になるのか。摩訶不思議である。

他にも、「アザラシ」「カレイ」「チンアナゴ」「ふぐ」が存在する。動物以外には、「プロ野球ラーメン(中日ドラゴンズ)」「プロ野球ラーメン(広島カープ)」「グランスピアーラーメン」「すう姫の大好きラーメン」「えのたん」「とりめし」「べっぴん」などがある。

正直なところ、意味不明である。“何でもかんでも”と言っては失礼だが、一本筋は通っていない。だが、注目度は抜群である。

人気急上昇の理由は、やはりレトロ感と昭和なイメージである。私も売り場で見掛けた時は、「なんじゃ、こりゃ!」と笑ってしまった。発売当時のままのパッケージに惹かれたのである。面白い。ユニーク。いまの時代には、かえってお洒落なのである。買わずにはおれないデザインである。

食べてみると、私の好みではなかったが、通販サイトのレビューを見ると、評価は分かれている。「素朴で懐かしい」「あっさりしていて、美味しい」という声があるかと思うと、「マズい」「味が薄くて、特徴がない」「二度と買わない」という声もある。

ここまで評価の分かれるラーメンも珍しい。マーケティング的には、万人に好かれるより、コアなファンのいる方が、長く生き残ることができるのだが。

愛知・西三河で愛され、そしていま全国へ。ユニークなご当地グルメが、全国の人に知られるのは良いことだが、手を広げ過ぎて、失敗しないことを願うばかりである。面白くて楽しいラーメンなので、一度試してみる価値はあるだろう。

この記事を書いたユーザー

佐藤きよあき このユーザーの他の記事を見る

1961年兵庫県生まれ。神戸学院大学法学部中退。1981年、広告デザイン会社にコピーライターとして勤務。93年、プランナー・コピーライターとして、フリーランスに。仕事を継続したまま、96年、木のおもちゃ制作を開始。ネット販売に着手。その後、「販売の現場」を知るために、5年間スーパーに勤務。これにより、「メーカー」「販売現場」「広告・販促」のすべてを経験。この経験を生かし、2003年より、中小企業・個人商店向けメールマガジン「繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座」を発行。関連する情報販売、コンサルティングを開始。メールマガジン他、ブログ9本「Marketing Eye」「ビジネス界隈・気づきの視線」「企画する脳細胞・ビジネスの視点」「まちづくり・村おこしの教科書」「行列のできる『MENU』の創り方」「中高年のための新規開業サポート」「独立・起業の成功法則」「販促の知恵袋」「スキルアップでビジネスぶっちぎり!」を執筆中。現在、繁盛戦略コンサルタントおよび中小企業経営研究会のビジネス・カウンセラーとして活動。著書に「0円からできる売れるお店の作り方(彩図社)」がある。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • ライフハック
  • グルメ
  • 広告
  • 料理
  • 暮らし
  • コラム

権利侵害申告はこちら