台湾は親日、中国は抗日。

千と千尋の神隠しの舞台

台湾旅行に7年前の9月、旅行しました。父と二人で旅行に行ったのですが。
2009年9月9日 九扮という町で知らぬ間に一人になっていたので、
一人でぶらぶらしました。この写真右手のお茶屋さんは千と千尋の神隠しの舞台でも知られており、多くの観光客が訪れます。
こちらで飲んだお茶のおいしさがたまりませんでした。台湾は亜熱帯なので、日本よりも熱いので、そんな中冷たいお茶を飲むひと時を、休日というのだと私は心静かに思っていました。その後、父と合流したら、父は日本語が流暢なおじいさんと喋っていたというのです。日本統治下で日本語を習われたようで、その時の日本語をまだ覚えてらっしゃったようです。台湾は中国の中で唯一の民主主義が認められた地域です。
中国は、中国共産党の圧力が各自治区に広がりを見せています。
非人道的に、希少民族の価値観を認めない、中国共産党のやり方に私は怒りを覚えてなりません。中国、北朝鮮、この両国の国民が、国家に守られる体制を一日も早く築けるように私は、国際社会に発信していきたいと思います。

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

中島康治 このユーザーの他の記事を見る

マクドナルドにて10年間働き、マクドナルド学で政治の世界を改革したいと思います。
一番、甘ったるい世界を、私が変えていきます。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • 国内旅行
  • 暮らし
  • おもしろ
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス