大切な思い出

はい おなか君 君はいつ 出てくるの


ソファーで寝そべりながら 独り言を言っていた私でした

でもある時思ったんだ

そうだ この状態のおなかは いっくら太ってもおなか突き出しボール型にはならないよなってさ

だって本当に面白いほど おなかかだけぼんって出てたんだから

思わず テニスやっちゃうかっておもっちゃったよ 

でも動くのおそいし んなことしたら おなかのあかんぼうあたまぼこぼこになるじゃない

っていうか そのまえにこのよからいなくなっちゃうか

で写真撮って残しとこっておもったんだよね

そんな環境の中でゆっくり実家で育ってました 母子とともにね

でも そのおなかはどんどん膨らんでこれではいけないと思い毎日30分歩いてました

定期検診も歩き歩き運動で 

たあたあたん 歩こう歩こう 私は元気 歩くの大好き どしどしいこう

病院 往復 ふっとぱら^^ 探検しよう おなかすくまで

お腹がすいたら  また たーーべーる 

ちゃちゃ^^ん  ってうたいながら 病院通いしてました

そろそろだ 初めての出産と戦う日が ちかずいてきました

よーーし あかちゃん がんばってでてこいよって 思いながら

不安ばっかりで その日一日 病院で泊まることになりました

でもでてきたら でてきたで 五体満足で生まれてくるか心配で痛みと戦いながら

二日過ぎてやっと3日目ではじめてご対面しました

はじめて 祖父の立場になった 父は わたしのベット近くに来て

初めての赤ん坊を見て安堵しながら 私の顔を見ながら

     ありがとう子供を産むことは10年分の仕事をしたのと一緒なんだ                   

よく頑張ったなっと私の手を握り泣きながら喜んでくれたことをいまだに思い出します

そのおかげで  わたしと父にに大きな絆ができたと思います

いつか皆さんも 本当に 自分が大変な時やつらいときが来た時に 親のありがたさがわかると思います                                                                            

  わたしも私はすごいことをしたんだと心に刻みながら頑張ろうとおもいます 

あれから 月日は経ち ある暑い夏 昼間にくろの上下で怪しい人がたってます

だれだ だれだ そこにカメラ持って立ってるのは 人の家をじいっと除いている人影が

くくく それは私わこだよ だっておもわずいるんだもん

    10年の価値がある人が私の近くにいるんだもん

ぱしゃぱしゃっとね  すいません 写真撮ってもいいですか 

ちゃんちゃん わこでした



   
















ムチャブリお題に参加中
********************
罰当たりな
人には言えない
ストレス発散方法

アメブロもやってるよ~

この記事を書いたユーザー

枯れた明太子 このユーザーの他の記事を見る

自動車製造業勤務、3年後退社して今は4児の母親として、成人してる子供に教えらながら生活してる明太子になりました、主人とバイクに乗って楽しんます、ひらめきや知って欲しい❗ことを語っていきたいと思います、よろしくお願いいたします

得意ジャンル
  • 育児
  • 暮らし
  • ニュース

権利侵害申告はこちら