3人息子を育てる中で。

私には、中1、小2、年長の息子がいます。

みんな、やんちゃで元気いっぱいで、喧嘩が多く困っています。最近、三男が少し反抗期なのか?次男に意地悪で、一緒に遊ぼうと誘われても「イヤ!」おもちゃを貸してと言われても「イヤ!」で…次男がグズグズと起こり始め、喧嘩になります。

先日も、おもちゃを貸してもらえずに、次男がグズグズと怒っていましたが、怒るとよけいに、「イヤ!」って言ってくるよ、などと次男に話していました。

すると、なぜか次男が「ごめんね」と三男に謝りました。なぜ謝るのか聞くと、怒ってしまったからだそうで。するとなんと、三男も「ごめんね」と同じく謝り…「貸してあげる」と貸してあげました!!いつも、なかなか貸してあげないのに。そして仲良く遊び始めました!!

私は、三男には「貸してあげて優しいねー♡」と、次男には「自分から優しくできて貸してもらえたねー♡」と話しました。

誰より驚いたのは、多分私です。いつも、なかなかうまく仲裁できず、どうすれば上手くまとまるのだろうと答えが出ずにいたので。次男が謝ったのが正しいのかは解らないけれど、ポイントは自分から折れた事なのだと思います。朝、上手くいった次男は、最近いつも攻撃に合い、言い返してしまって、喧嘩になってしまう3年生にも、いつもの事を謝ったそうです。そしたら「俺もほんとは、意地悪したくないよ」と言ってくれ、仲直りできたそうです!!

なんだか、自分で解決していく術を見いだしていく息子の姿に感動してしまいました。子どもの喧嘩に限らず大人も、自分から折れる事、歩み寄る事って、大事なのかもしれません。小さな子どもから学んだ気がします。

そして、意地悪ぎみだった三男ですが(笑)、お兄ちゃんに歩み寄ってもらい、貸してあげた事を褒めてもらってから、部屋の片付けをしてくれたり、保育園の準備をパパッと済ませたりと、張り切っていました(笑)子どもって褒めると、ほんと力を発揮してくれます。

折れるにしても、褒めるにしても、相手の気持ち良い言葉を発する事で、穏やかに気持よく頑張れるのかもしれません。言葉のチカラってすごいなと感じた出来事でした。

この記事を書いたユーザー

yuriiro* このユーザーの他の記事を見る

元保育士で、息子が3人います。32歳の時、三男が7ヶ月の時に乳がんになり、手術、抗がん剤、放射線の治療を受けました。現在は、リンパ浮腫がありますが、元気に子育て中です。子ども達には、軽い発達障害もあり、日々葛藤しています。簡単なハンドメイドなどが好きで、ブログも書いています。

得意ジャンル
  • 話題
  • インテリア
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら