不倫に噛みついて離さない人が多々いますが、なぜ他人の恋愛にこれほどまでも反応してしまうのでしょうか?心理的な面から紐解いていきましょう。

不倫=悪だという常識がある

結婚したら一生その人だけを愛さなくてはならないという
強烈な固定観念の中生きている人は、他人の事で苦しみます。

自分の観念が一番正しいとして、
相手がその観念を逸脱すると恐ろしく批判するからです。

「結婚していても、魅力的な人にであったんだな」
「人を好きになることは自由だ」という大きな心をもって不倫という事実を見ることができる人は、批判もしないし、他人に起こった出来事を自分に取り込まないので、気楽に過ごせることができます。

あなたは、批判する側のままでいるのか?それとも、自分の捉え方を変えていくのか?

そうはいっても・・・「法律で不倫はいけないと認められている!」
そう言い張るあなたは自分の意見を変えたくない人です。

柔軟な考えができると、他人のしたことに対していちいち反応せずに済みますよ。

不倫=うらやましい

人が怒りを感じるときは、
そのことを自分もしたくてしょうがないのに、なんでアイツは平気でそんなことをしているのだ!!!という時です。
不倫に限らず、遅刻や交通違反、お金持ち、結婚などなど・・・

他人の不倫に騒いでいる暇があるのなら、
「自分はどんな恋愛がしたいのか?」を考える時間を増やしていくと、
眉間のしわもとれ、心穏やかな優しい人になれます。




最後に、他人に心奪われる時間が長い人はグチが多い人生を送り、
自分に心奪われる時間が長い人は幸せな人生を送る。という人生のシンプルな法則があることをお伝えしておきます。

この記事を書いたユーザー

Sae このユーザーの他の記事を見る

心を健康に。言葉で人を元気にしたい。

得意ジャンル
  • 育児
  • 料理
  • 暮らし
  • 恋愛
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス