自動車の運転免許持っていますか?

今や運転免許を持っていて当たり前の時代になりました。

高校を卒業後、すぐに免許を取るという人が多いため

自動車教習所は2月3月を「繁忙期」と呼びます。

この時期はとにかく新生活が始まるまでに免許を取得したい人が集まってくるので、

一般の人はこの時期教習所に行くのは避けた方が賢明でしょう。

それでも少子化と言われる時代、満18歳になる世代が減っているのは事実。

とはいっても、まったくいないわけではありません。

少なくなっても、教習所には繁忙期に高校生は溢れています。

これって都会はどうなんでしょうか。


私が住んでいる地域は、雪が降る田舎です。

バスや電車などの公共機関も発達していません。

電車で隣の大きな町まで行くのに、自動車でいくのと時間は変わりません。

電車賃は高いです(笑)

そんな事情で、運転免許はもちろん自動車の運転ができないと困る地域なので

高校卒業と同時に、18歳を迎えた人たちで教習所はにぎわうのです。

そんな田舎の車事情を少しずつお話していきたいと思います。

高齢者の運転免許。早く返納しないといけないの?

平成27年中の交通事故発生件数は、53万6,899件です。(警察庁HPより)

細かいことを書くつもりはありませんので、詳しいことはHPでご覧いただきたいですが、

ニュースでもよく聞くのは「高齢者の事故」という事ではないでしょうか。

「高速道路を逆走した」、「コンビニでペダルを踏み間違えて突っ込んだ」など

いろいろなニュースは、毎日のように耳にします。



この統計により、現行の「高齢者講習」の受講義務化の原因の一つでしょう。

この高齢者講習もとらえ方はいろいろあるものの、

私の住む地域では、ほとんどの方が楽しんでおられます。

でも中にはやはり、「なんでこんなもん受けなあかんねん!」と言われる方も。

いろんな意見があるのはごもっともで、

ぷいっとしている方を、来てよかったと思わせるのが

指導員の腕の見せ所でしょう。



人間が歳を重ね、体力の衰えは仕方のないことだと思います。

当然運動能力が下がることで、運転技術も認知能力も低下し、

こういう事故が起こることも仕方がないのかもしれません。



だからといって「高齢者は免許返納を早くしよう」というのはいかがなものか。

私の住んでいる地域は、本当に不便です。

電車の本数は1時間に2~4本で運賃が高い。

バスは時刻表通りではないので、いつ来るかわからない。

特に冬場雪が降ると、電車はストップ、バスは来ない。

決められた時間までに到着することは、ほとんど不可能に近いかな。

そうなると自家用車で出かけるのが一番確実になるのです。

雪道で渋滞することを踏まえて、早い時間に家を出るのが当たり前。

家出る前には、もちろん雪かきをしていますよ。

冬の朝は早いのです。



そういう事情がある地域は、他にもたくさんあると思います。

なのに、どうして高齢者の免許返納を促すのかな。

とても困る人がたくさんいる地域もあるのに。

都会のように交通機関が発達しているところはいいのでしょうけど、

全ての地域が同じとは限らないことを理解してほしいですね。

その法律を変えようとする人にはぜひ、

うちの地域で冬に1か月ほど生活してほしいです。

この記事を書いたユーザー

KEI このユーザーの他の記事を見る

元教習指導員で技能検定員。事務も経験した自称スペシャリスト。現在は主婦業が中心。いろいろ事業を開発中。気になることはなんでもやろう精神で頑張っています。

得意ジャンル
  • 暮らし
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス