秋肌トラブル大丈夫?天然スキンケアで夏のダメージ肌も回復。

朝晩の気温が下がり、少しずつ過ごしやすい季節になりましたが、皆さんはどのようなスキンケアを行っていますか?

紫外線を浴びる機会が多い夏や、乾燥対策が欠かせない冬にスキンケアを重視される方が多いですが、実は一年の中でお肌の調子が乱れやすいのは「秋」です!

肌にカサカサ感やごわごわ感を感じていませんか?
自覚症状がなくても紫外線や冷房などの乾燥でお肌は相当なダメージをうけています。
ダメージをそのままにしてしまうと、シミ・しわ・そばかす・くすみの原因に!

この時期のダメージをうけた肌は、季節の変わり目で敏感になっています。
ダメージをうけた肌・敏感・乾燥肌にはお肌に優しい天然成分化粧品を使ったスキンケアがオススメです。


天然成分化粧品とは?

Licensed by gettyimages ®

※化粧品に配合される主な天然成分 
ヒアルロン酸/オリーブ/スクワラン/ラベンダー/アロエ/クエン酸/大豆/パーム油/はちみつetc...

天然成分とは自然界に存在する植物などの自然素材から抽出された美容成分です。
肌への負担が少なく、必要な潤いや栄養分をしっかり届けることができます。
また、治癒力を高め、肌本来の状態へ導くことができます。

それではこの時期に天然成分化粧品を使い、スキンケアを行う際のポイントをご紹介します。

<秋のスキンケア2つのポイント >
1.夏の紫外線でうけたダメージをケア
2.冬に向けて乾燥するお肌を保湿

〜ダメージをリセット〜
ダメージをうけ、ターンオーバーが乱れてしまったお肌は角質がたまりやすくなっています。洗顔で、皮膚の表面についた、空気中のホコリや雑菌・メイク・古い角質などの付着物をとりましょう。肌をゴシゴシと強くこすらずに、泡で包み込むようにやさしく洗いましょう。

続きはこちらから…

この記事を書いたユーザー

たなゆみ このユーザーの他の記事を見る
得意ジャンル
  • スポーツ
  • インターネット
  • 美容、健康
  • ファッション

権利侵害申告はこちら