10月といえば秋の夜長=食欲の秋ど真ん中の時期ですが、香港の中環(Central)地区では10月27日から10月30日までいろいろな食事を楽しみながらワインを味わうと言う「Wine & Dine Festival」が開催されます。

出典HKTB

香港政府はアジアのワインのハブとなるという政策を掲げて色々な優遇措置を実施しています。このフェスティバルからも、フランス、イタリア、アメリカ、日本など世界各地のワインが楽しめます。また、香港でも人気となっているウィスキーや地ビールのお酒も用意しています。

出典HKTB

食事も、料理大賞を受賞した料理や一流ホテルのシェフが作る料理、『ミシュラン』の香港版のストリートフードページで紹介されたローカル色の強い店など、こちらもさまざまな料理が食べられます。

出典HKTB

出典HKTB

チケットは会場前の窓口などで購入できます。料金はですが以下の通りです。
・「クラシックワイントークンパスライト」(100香港ドル):プラスチックのグラスとトークン6枚
・「クラシックワインパス」(200香港ドル):ワイングラスやビンなどを製造する有名メーカーのシュトルツルのワイングラス、トークン8枚
(この2種類は1トークンで20ドルの換算)
・「グランドパス」(600香港ドル):リーデルのグラスワインのセットとトークン8枚。(トークンは1枚50ドル換算)

10月の香港は気温的に温かいというベストシーズンですので、高層ビル群の夜景を見ながら美味しくお酒と食事が出来ると思います。

この記事を書いたユーザー

nobu takeda このユーザーの他の記事を見る

メディア業界で約20年の経験を持つフリーランス・ジャーナリストです。政治経済からスポーツ、グルメ、エンタメまで広くカバー。香港との関わりは2001年から。10年前からライフスタイル・ブランドLiucia(www.liucia.com)を共同で立ち上げ、経営もしています。

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス