9月14日TBSで20時54分から放送された『ザ・裏ワイドSHOW 関係者が選ぶ事件FILE ほんとの事全部教えますSP』
番組で最後の事件となる【誘拐結婚】の実態映像が衝撃的すぎてびっくりさせられました。

その道のエキスパートが「これぞ!」と注目する大事件の真実とは?徹底取材と再現映像で驚きの裏側にスポットを当てる! この番組ではその道のエキスパートが、「これぞ!」と注目する事件の裏側に隠された真実を明らかにする。

出典 http://www.tbs.co.jp

番組内では、3人に1人の婚姻が未だ【誘拐結婚】と訳される【アラ・カチュー】だと言われていました。その衝撃の『風習』映像がせきららに・・・。

アラ・カチューとは?

アラ・カチュー(キルギス話: Ала качуу)とは、キルギスで行われている婚姻形態の一つで、誘拐婚の一種。男性が求婚する女性を誘拐し、処女を喪失させる、もしくは女性が処女を喪失したと周囲に認識させることで、事実婚としてしまうものである。国民の75%がイスラム教徒[1]であるキルギスでは処女性は婚姻の際に重視される [2]ため、断れば女性はその後結婚できなくなることが多い[1][3]。1994年に法律で禁止された[1]。しかし警察も裁判官も黙認している[4]ため、依然としてアラ・カチューは続けられ、国際的にも大きな人権問題として取り上げられている[5]。名称の由来はキルギス語で「掴んで逃げる(grab and run)」と言う意味である[6]。

出典 https://ja.wikipedia.org

 中央アジアでは今も未婚女性を誘拐して結婚を強要する、誘拐婚の習慣が残っているという。女性はある日、突然誘拐され結婚するよう説得されるというのだ。誘拐には女性の家族、友人まで関わっている。
 誘拐婚はその国でも違法であり犯罪でもある。だが現在も続いており、多くの女性が被害に合っている。事件を悲観して自殺する女性もいると言う。
 犯罪に詳しいエキスパートですら誘拐婚の事実には衝撃を受けたと告白する。

出典 http://www.tbs.co.jp

衝撃の【誘拐婚】ドキュメント映像

出典 YouTube

不思議なことに誘拐の映像があるのが多いのは、カメラマンがいるということで誘拐の証拠を残すためなのでしょうか。自宅につれていかれ花嫁の象徴である純白のスカーフをかぶせられ、それを受け入れたら婚姻を了承したことになるそうです。

キルギスの誘拐結婚には、女性が「家に帰りたい」と言いつづければ帰さなければならないという「暗黙のルール」がある

出典 http://style.nikkei.com

誘拐された女性の実に8割が結婚を受け入れるといわれている。

出典 http://style.nikkei.com

「暗黙のルール」があるにもかかわらず、ほとんどの女性がこの『伝統』を受け入れるのは宗教的な問題もあるようだ。

結婚当初は近所付き合いが大変だったというが、今では細かい礼儀作法を身につけ、そつなくこなしていた。その姿からは、嫁いだ村でずっと生きていくことを受け止め、思い描いていた未来は奪われても、必ずここで幸せになってみせるという覚悟すら感じた。

出典 http://style.nikkei.com

この女性は数回会っただけの相手からの誘拐でした。
彼女にはお付き合いしている男性もいて、都会で働く夢もありました。

「いいパートナーにめぐり合って、その人と幸せな家庭を築いていくことが、女性の幸せだと思う」と言った。私にはその言葉が、自分に言い聞かせているように聞こえた。

出典 http://style.nikkei.com

出産前、子どもの性別を聞いていなかったディナラは、「もし子どもが女の子だったら、将来、誘拐結婚はさせたくない」と言っていた。娘をあやすディナラの表情からは、穏やかな日常を過ごしているように思えるが、彼女の中から、思い描いていた未来を奪われた悲しみは消えることがないのかもしれない。

出典 http://style.nikkei.com

この驚きの「慣習」では、誘拐され、結婚を受け入れる女性もいれば、拒む女性、受け入れたものの離婚する女性もいて、それぞれに「物語」がある。

出典 http://style.nikkei.com

この行為自体、現在はすでに『違法行為』であるにもかかわらず、『伝統』ということで黙認されているというのは恐怖に感じてしまいます。

交際相手でも「結婚に焦っている」と思われたくないために、「YES」でも「NO」と言うのが一般的なようで、交際相手からの誘拐の場合もあるようですが、それにしても無理やりすぎるのではないかと思わずにはいられません。
『悪しき伝統』と言いながらもなくならず、ほぼ知らない人から誘拐された時の気持ちを思うと無情すぎるとしかいいようがない【誘拐婚】です。

現代、日本ではこのようなことが行われることはないですが、明治あたりまでは似たようなことが普通にあったのではないかと言われる民族学者もいたようです。

確かに現代は法律社会となっていますが、皆さんはどう思われましたか。
いろいろな選択が出来る現代の女性には考えられない行為ではないでしょうか。
『伝統』それを守ることによって幸せになれることを信じる心。
いろいろな意味で考えさせられる衝撃な【誘拐婚】ではないでしょうか。

この記事を書いたユーザー

ku-lala このユーザーの他の記事を見る

長年妊活中の名古屋在住アラフォー主婦。旅行や食、神社仏閣巡りが好きです。
ためになること、やりたいこと、行ってみたいこと、おもしろいことなどなど色々な情報を紹介していきます。

得意ジャンル
  • マネー
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 美容、健康
  • ファッション
  • おもしろ
  • 話題
  • 暮らし
  • カルチャー
  • エンタメ
  • コラム

権利侵害申告はこちら