記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
妊娠中だから、とはいっても女性ならば気になるのが「体重」 特にお腹に赤ちゃんがいる状態ですと体重調整は難しいかと思われます。

しかし、妊娠中の体重はとても重要で、多すぎても、少なすぎてもリスクがあるので注意が必要です。

そこで今回は「妊娠中の体重をキープするコツ」を医師に聞いてみました。

妊婦の体重の内訳

妊娠中の妊婦さんの体重の内訳は、赤ちゃんが生まれてくるとき大体3㎏くらい、胎盤と羊水がそれぞれ500gくらい、子宮の重さ、血液、それから乳房の重さなどが合わせて4㎏の増加となることが多いと考えられます。

それ以外に、ホルモンの作用によって出産に備えて妊婦さんの身体に自然に増える脂肪や水分を合わせて、8㎏程度は体重が増えるものと考えられます。

妊娠中に体重が増えやすい理由

妊娠中に体重が増えやすい理由としては、やはり妊娠中のホルモンの働きによるものがあります。赤ちゃんの成長に必要な糖質を供給するために脂肪が必要になります。

また、妊娠中は身体を循環する総血液量がなんと5割も増加するといわれること、血糖値が下がりやすくそのため脂肪がつきやすくなることなども原因として考えられます。

他にも、水分の貯留量も増えますから、こちらの分も体重には影響してきますよね。

妊娠中の体重増加の目安と平均

妊娠中の体重増加の目安は、妊婦さんのもともとの体型によって異なってきます。BMIにして18.5~25.0未満の標準体重の妊婦さんであれば、増加の上限を7~12㎏とする考え方があります。

また、妊娠中期以降は標準体重の妊婦さんで週に0,3~0.5㎏くらいの体重増加を推奨すると厚生労働省からは発表されています。

体重が増加しすぎるのは良くないのはもちろんですが、反対に増えなすぎるのも問題となっています。もともとの体型からある程度の目安を産科の方からいわれると思いますので、それにできるだけ従っていきたいですね。

一番体重が増えやすい時期と対策

つわりがおさまって食欲が出てくる妊娠中期から、お腹が重く運動量が減りがちな妊娠後期が体重が増えやすい時期と言えます。

やはり食事をあっさりしたものを中心に時間を決めて摂ること、間食を控えめにして、無理のない範囲で身体を動かすことが大切です。

体重が増えすぎたときのトラブルや病気

【妊娠高血圧症候群】
妊娠20週以降から産後12週に高血圧があり、それにともなってむくみや蛋白尿などが現れるものです。

【妊娠糖尿病】
もともと糖尿のない方が妊娠のために血糖が上がってしまうものです。

【分娩遷延】
お母さんが太りすぎて赤ちゃんが大きくなりすぎたり、産道に脂肪がつくことでお産に時間がかかり大変になります。

体重が少なすぎるときのトラブルや病気

【貧血】
赤ちゃんに多くの血液が送られ、母体はふらつきや息切れなどが強くなります。

【低体重児】
赤ちゃんに栄養がいかないために、赤ちゃんの体重が十分増えず小さめの赤ちゃんになってしまうことがあります。

妊娠中に体重をキープするコツ

【食事】
腹八分目を守り、あっさりした味付けを心がけましょう。野菜を取り入れましょう。

【運動】
特に運動制限がなければ、足元には十分注意してウォーキングやマタニティーヨガ、マタニティースイミングなど行いたいものですね。

【睡眠】
特に後期以降は、排尿の間隔が近くなったり、胎動があったりして不眠がちになりやすいものですが、できるだけ規則的な睡眠を心がけたいですね。

≪妊娠中の過ごし方で、ぐっと安産に近づける!?≫
妊娠中どんな過ごし方をしていますか?【妊娠中の正しい過ごし方】診断

医師からのアドバイス

妊娠中の体重管理は苦労する妊婦さんが多いですが、出来れば毎日体重計に乗ってコントロールしていきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス