涼しい日が増えてきて、いよいよ本格的な秋を感じられるようになりました。外の風景で秋を感じるのも良いですが、お部屋の中にも秋を取り入れてみませんか?ワンポイントで秋を取り入れるだけでも、ぐっと季節感が増します。

100均などのプチプラアイテムを使って簡単にできる
、7のアイデアをご紹介します。

お部屋にほっこり秋を取り込んで。

◆ 花瓶にさすだけのお手軽アイデア

Pinned from pier1.com

コスモスなどの秋のお花も良いですが、紅葉のように秋色のものを花瓶にさすのもまた良い方法。落ちているものを拾ってきたり、100均だと造花があるのでそれを利用するのも◎。

◆ 落ち葉をジャーに貼り付けて

色付いた落ち葉をジャーに貼り付け、その中にキャンドルを入れるというアイデア。100均にLEDキャンドルやジャーがあるので、それをうまく使って落ち葉アートを楽しんでみて。

夜、お部屋のライトを暗くするとこのキャンドルが温かい光を放ってくれそう。

◆ 英字新聞を落ち葉の形に

染めた紙で作った落ち葉や拾ってきた落ち葉とともに、英字新聞を小さめで同じ形に破って切り、ガーランドのように飾るデコレーション。落ち葉だけ・英字新聞だけよりも変化をつけられるアイデアです。

◆ キャンドルに落ち葉をくっつけて

Pinned from blog.justfab.com

  • repin1

キャンドルの光はそれだけでも幻想的な雰囲気ですが、そのキャンドル本体から秋らしくデコレーション。大きめの落ち葉をテープで貼り、麻紐で巻くと雑貨屋さんのようなキャンドルに早変わり。

単体でも存在感がありますが、写真のようにいくつか大小のものを並べるとより華やかになります。

◆ コルクを有効活用

捨てがちなコルクを集めておいて、オレンジ色に塗ってかぼちゃの形に積み上げて貼り、フエルトなどで作った葉っぱをつけるとキュートなかぼちゃのオブジェに。ハロウィンというより、秋の代表的な食べ物のデコレーションの雰囲気です。

◆ ランタンの中に秋を詰め込んで

ランタンはIKEAでも販売されていて、インテリアにぴったり。ランタンの中に秋らしいものを詰め込むだけの簡単アレンジで、これを置いておくだけでぐっと秋色インテリアに。写真のように、キャンドルが入ったランタンと組み合わせるのも◎。

◆ 童心にかえってどんぐりを集めて

幼い頃、夢中で集めたどんぐり。それを今また集めてジャーに入れるとオシャレなオブジェに変身。ジャーの真ん中にはキャンドルを入れておいて、その周りにどんぐりを入れて。

Pinned from ikea.com

  • like25
  • repin202

ご紹介した7のアイデアは、どれも簡単で手軽にできるものばかり。100均などのプチプラアイテムを使ってDIYするだけで、秋を取り込めます。
葉っぱが色づくのはもう少し先ですが、造花もうまく活用してアレンジしてみてください。

こちらの記事も読まれています

この記事を書いたユーザー

milkteagirl このユーザーの他の記事を見る

神戸出身✈︎東京在住。
K-POP(2PMの大ファン♡)、韓国グルメ&トレンドなどを中心に書いています♩

得意ジャンル
  • 音楽
  • 海外旅行
  • グルメ
  • 美容、健康

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス