旅行中に傷ついた犬を発見

キアラさんはギリシャのクレタ島へ旅行中、道路の真ん中をかろうじて歩くことができる傷ついた犬に出くわしました。

出典 https://www.thedodo.com

かろうじて歩くことができる傷ついた犬を発見

後ろ足が完全に麻痺

「私たち家族は運転中でしたが、車を停めて犬の傍に近寄って行きました。彼の後ろ足は完全に麻痺していました。折れ曲がった背中にはこぶみたいなものがありました。」とその時のことをキアラさんは振り返りました。

そしてこの犬はホームレス犬で、近くの小屋みたいな場所に住んでいることが判りました。キアラさんは、その状態を見て、とても胸が痛みました。

出典 https://www.thedodo.com

犬は荒れ果てた小屋みたいな場所に住んでいました。

この犬に対して何をすべきか。。

キアラさんはその犬に‘フォス‘という名前をつけました。それはギリシャ語で‘輝く‘という意味でした。

キアラさんはその日以降、毎日、フォスに食べ物を持って会いに行きました。フォスは、毎回とても喜んでくれたそうです。

フォスはとても愛らしい人懐こい犬でした。

キアラさんは、フォスと接していて、自分が取らなければならない行動が明確になったと言います。

「彼をここにこのまま置いて行くわけにはいかない!」

出典 https://www.thedodo.com

フォスはキアラさんが会いに来てくれるたびに、とても喜んでくれました。

正式に里親になりオランダに連れて帰った

キアラさんは、フォスを地元の救出組織に連れて行きました。そこで、正式にフォスの里親になりました。

キアラさんは、フォスを獣医に診せました。フォスがこのような体になってしまったのは、たぶんひどく虐待された結果だと言われました。

フォスは治療を受けました。

そして、数日後に、キアラさんら家族と一緒にオランダの家へと旅立ちました。そこでフォスの新しい犬生が始まります。

出典 https://www.thedodo.com

フォスはやっと優しい人に保護されました。

やっと幸せを手に入れた

現在、フォスはまだ折れた脊髄の治療中ですが、クレタ島でたった1匹で汚い小屋にいた時とは比べ物にならないくらい幸せです。

「彼は少しずつもっと歩けるようになりました。彼の背中のこぶも小さくなってきています。彼は、歳をとった男性と猫を怖がります。」とキアラさん。

出典 https://www.thedodo.com

少しずつ良くなっています。

もしも、あの時。。

もしも、あの時、フォスが道路の真ん中にいなければ、キアラさんがフォスと出会うことはなかったかもしれません。もし、キアラさん家族が、フォスを見て車を停めていなければ、フォスはもう生きていなかったかもしれません。

そして。。キアラさんがフォスを保護していなければ、キアラさんは彼女のベストフレンドになれる犬と出会えることもなかったことでしょう。。

出典 https://www.thedodo.com

キアラさんの愛情をいっぱいうけて、フォスはこんなに元気になりました。

最後に

道路にいた時のフォスとキアラさんに保護されて可愛がられたフォスと(最初と最後の写真を)比べてみると明らかに違っていますよね。ちゃんとケアを受けて、曲がった背骨も麻痺した後ろ足もかなりよくなっていますね。

年配の男性のことを怖がるというのは、きっと前の飼い主がそういう男性で、その人から酷い虐待を受けていたトラウマでしょう。。かわいそうに。。

あんなに脊髄が曲がってしまうまで虐待を受けたなんて。。。いったいどんな悪魔のような人間だったのでしょうか。。酷すぎます。。

良い方に出会うことができて、本当に良かったです。

筆者も道路の真ん中に座っていた瀕死の猫を保護したことがあります。体中、傷だらけでした。車を停めて近寄ってみると、すり寄ってきて、そのまま獣医に連れて行き、治療をしてもらって、その後、その猫は24年も我が家で長生きしました。

犬や猫は、人間の助けを求めてそういう所に座っているのかもしれませんね。。

この記事を書いたユーザー

さくらまい このユーザーの他の記事を見る

最後まで読んでいただきありがとうございました。
日本生まれですが、米国に30年間住んでいた米国籍のライターです。2014年に家族で日本に移住してきました。どうぞよろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 美容、健康
  • 感動
  • コラム
  • ニュース

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス