記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
2016年9月9日(金)の「金曜★ロンドンハーツ」では、「ボディメイクにこだわる女たち!!」と題し、ダイエットとは違うボディメイクの世界が特集されました。

スリムではなく、自分に合ったメリハリのある体型を整えていくボディメイクは、食事制限によるダイエットとはあらわれる効果が変わってきます。

そこで今回は「ダイエットとは違うボディメイクの世界」を、医師に解説していただきました。

ダイエットとボディメイクの違い

ダイエット

体重を減らして痩せること全般を指します。

ボディメイク

スリムなだけでなく、メリハリのついた体型に整えていくものをいいます。

例えば、部分的にたるみが目立ったり、上半身は華奢なのに足が太い、胸がない、といった悩みも解決して、理想的な体型に整えていくのがボディメイクといえるのです。

筋肉を鍛えることによるダイエット効果

筋肉を鍛え、筋肉が増えると基礎代謝が上がり、日ごろから脂肪を燃焼しやすい身体になります。

反対に厳しい食事制限によってせっかく体重を落としても、筋肉が落ちてしまうとそれを維持するのが難しく、少し食べてしまうとすぐリバウンドしてしまいやすいということにもつながります。

ダイエットとボディメイクによる外見の変化

食事制限によるダイエット

一時的に食べ物を我慢することはできても、今後ずっとその食事量を維持することは非常に難しいものです。したがって将来的にリバウンドしてしまう確率は非常に高くなります。

また、少ないカロリーでは身体の維持に必要な栄養素も十分とれないことが多く、髪や肌が疲れた状態になってしまったり、表情もやつれてしまうことも多いでしょう。

筋肉トレーニングするボディメイク

体重は食事制限ほど一気には減らなくても、気になるところがひきしまっていくことから、痩せたというよりはスタイルが良くなった、しまってきたというような変化になると思います。

筋肉がつくと身のこなしもシャープに若々しく見えることが多く、食事内容も極端な栄養不足ではないので、肌などにも悪影響を与えません。

ボディメイクをするために鍛えるべき「体幹」

体幹、つまり四肢と頭を除いた胴体の部分は、姿勢の維持や安定に大きな影響を与えます。

背筋や腹筋などをしっかり鍛えて正しい位置に内臓を維持することは、体調をよくして消化や代謝を正常に行うことにもつながります。

女性が筋トレするときに意識すべきこと

無理せず、継続可能なプランを作ること、それからどの部分をどのように変化・維持したいのかを常に考えながら行うことは非常に大切なことですね。

≪肥満の原因は生活習慣に隠れていることが多いのです≫
なかなか痩せられない理由、知りたい?【痩せない生活習慣】チェック

医師からのアドバイス

ボディメイクは、ダイエットにとどまらない、きれいで健康的な体を作るために最近注目を浴びている概念です。

生まれつきだから、とあきらめていた身体のアンバランスなども正しいトレーニングによって理想の体型にしていけるチャンスかもしれませんよ。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス