誰しも一度は、「あぁ王様になりてぇなぁ」と思うもの。

一国一城の主となって、気ままに振舞いたいという場合だって、時にはあるだろう。
しかし日本ではなかなかそういうことも難しい。世知辛い現代社会では、王様どころか、奴隷のような日々を送っている人も少なくない……。

だが、かの大陸にはなんと、誰もが王様になれるチャンスがあるという。今回はそのチャンスについて、ここをご覧のあなただけにこっそりとご紹介したい。

もっとも、知人のライターが先日、中国の風俗店で危ない目に遭った話をするだけなんだけど。

中国の「王様コース」の秘密を暴け!

僕の知人に、Tというライターがいる。海外で仕事をすることも多いため、もっぱら翻訳の仕事との兼業で稼いでいる男だ。

彼は非常に優秀な男だが、唯一の欠点というべき部分があるとするなら、とんでもなく色に貪欲だというところである。

以前はバンコクの風俗事情の調査という名目で思う存分に“満足”したようだし、現地の風俗を楽しむためだけにロシアにまで飛ぶ。そんな男だ。

そのTが現在は中国に滞在している。どうも現地で女を作ったらしく、ヒモとして生活しているようだ。

さて、このTという男がちょっとした命の危機を感じたという事件を報告してくれた。それは3月の下旬のこと。いつものようにムラッときたTは、その足で上海の夜の街を満喫することを思い立った。

彼が足を向けたのは、とある浴場。いや、別に彼はゲイではない。実はこの浴場に、「王様」になれるチャンスが隠れていたのだ。

それが俗に「王様コース」と呼ばれるサービスだ。
簡単に書くと、何人も並んでいる上海美女の中から1人を選んで、その美女に色んな意味でのマッサージをしてもらえるという、まさに王様が夜伽の相手を選ぶかのような贅沢なコースである。

当然、「抜き」アリだ。

費用はおよそ700元。日本円にして10,000円少々といったところか。安くもなく、高くもなく、王様になるにはちょうどいい塩梅の価格設定である。

「首を刎ねられた者もいるアル」と脅された!?

ところでこういうサービスを受けられる店について、ありがちなのが本番交渉だ。日本でもエッチなおっさんがある程度追加料金を払うと言って、お姉ちゃんに頭を下げている光景が珍しくない。

しかし、そのノリを中国でもやっちゃうと大変なことになる。というか、現にTがそれをやって、大変な目に遭ってしまった。

中国では売春は重罪。日本人だって例外ではなく、これまでに何人も逮捕され、重刑を言い渡されている。場合によっては死刑まであり得るのが恐ろしいところである。

Tはうっかり、好みの女の子を指名してマッサージを受けている際に、本番交渉をしてしまった。すると女の子はサービスをやめ、そのまま個室を後にしてしまう。数分後、Tの周りには屈強な男5人が立っていた。

彼は必死で「冗談だったんだ!」と弁解しようとしたが、男の1人は牛刀をチラつかせ「王様コースだからといって何をしてもいいわけじゃないよ」と脅してきた

終いにはこの牛刀をTの首に当てて「王様の中には、首を刎ねられるバカをした者もいるって、お前も知ってるだろ」と言ってきた!

たまらずTは土下座をし、手持ちの有り金全部を差し出して(まあヒモだから彼女からもらったお小遣いなんだけど)、必死に命乞いをし、何とか帰ることができたそうだ。

中国の風俗は危ない!

Tは本当に運が良かった。奇跡的に危害を加えられることなく、無事にこの局面を切り抜けることができたのだから。

T曰く、「後になって知ったけど、俺みたいに下手な要求をして、マフィアにボコボコにされて殺される奴もいるらしい」とのこと。

中国と日本とでは、人の命の重さが少々異なる。日本では厳重注意で済むことが、中国ではそのまま命の危機となることもあるということだ。加えて、風俗店も現地の警察が踏み込めば、身柄はどうなるか分かったものではない。

海外で羽目を外したくなる気持ちも分からないでもないが、なんだかんだ危ない。海外では大人しくしておくのが一番だ!

死んでしまったり、投獄されてしまっては元も子もない!

(文/松本ミゾレ)

この記事を書いたユーザー

HOW MATCH このユーザーの他の記事を見る

あなたの年収、副業、節約、貯金、貯蓄に関する悩みを徹底的に追求するWebメディア「HOW MATCH」です! http://how-match.jp/

得意ジャンル
  • マネー
  • 暮らし
  • キャリア

権利侵害申告はこちら