東京都 豊洲市場の建物の汚染対策に問題はありません。
東京ガスの製造工場の跡地で、土壌汚染が深刻でした。
技術委員会で汚染対策の方法が検討されて、次の様に決まりました。
主な内容
○敷地全体の表土を2m 削り取る。
○その後 敷地全体にキレイな土を4,5m 盛り上げる。
(津波や高潮対策の為に、以前の地盤より2,5m高くする)
○ 深い地層の汚染物質は敷地の方々に井戸を掘り、地下水を汲み上
  げ浄化して放流する。
                                                     
この建物の基本設計は、誰がしても同じ構造になります。
施設の計画が決まり、建物には地下ピットが必要です。
建物部分の汚染対策は35~45cmのコンクリート床板で対応して、その下にピットの空洞をつくりました。(汚染物質の封じ込めはコンクリート10cm以上です)
この計画は全く問題がなくて、一番合理的だと思います。
○ピット用の地下空間が確保できる。
○キレイな土の埋め戻し費用の削減と、工期の短縮が図れる。
                                                       
問題が大きくなり、迷走しているのは・・・。
東京都ホームページで、盛り土4,5mの上に建物がある事です。
更に後日の説明でも「盛り土4,5mの上に建物を作っている」と言い切っている事です。それに対して問題を提起している人は「汚染対策が建物の下は、できていない」と指摘しています。
間違った情報公開による混乱で、問題を提起している人に責任はありません。
汚染対策には問題がないので 東京都の責任者が図面上の誤りを認めて、事実と違う説明をした事を詫びたら済む話だと思います。
でも縦割り行政の弊害や当事者意識の欠如は、厳しく指摘されても仕方がありません。
                                                   
尚 TVでコメンテーターの多くが、地下ピットに溜まっている水を問題にしていました。地下水位が高ければ コンクリート構造物では水の浸透が避けられません。必要に応じてポンプ排水をします。(どのビルでも行っています)
地下ピットの高さ(深さ)も問題にしていましたが、途中まで埋め戻してピットを造るのでは費用削減になりません。
用途は配管配線等のスペースなので維持管理を指摘していましたが、その為の移動足場を用意したら済む事です。費用も格段に安くて済みます。
更に地震も問題にしていましたが地面全体が揺れるので、地下構造物は地上の建物よりも安全です。(ただし活断層部分では破壊します)
これらの事は建築の専門家なら常識です。でも TV出演していた建築エコノミストは何も説明しなくて、問題が増幅されました。
                                                     
私は小池知事の都政改革を支持していますが、今回の問題指摘は納得できない部分もあります。
                                                         
今日も ブログに目を通して頂き有難うございます。
皆様に「穏やかな日々が続きます様に・・・」願っています。
                                                      




この記事を書いたユーザー

ボーゲン このユーザーの他の記事を見る

一人で慎ましく暮らしています。家内も看取り 子供もいません。
資産もお金もありませんが、雨風をしのげて 食べるのに困らない・・・。
"総ての事から解放された"と感じています。

得意ジャンル
  • 社会問題
  • カルチャー

権利侵害申告はこちら