シルバーウィークは、断捨離について何回かに分けて書いてみようと思います。

◆断捨離のタイミング

ちょうどこの時期は、新学期や新生活が始まったりして、季節的にも実は断捨離や大掃除にピッタリの時期。
水が冷たく慌ただしい年末より少し涼しくなって、寝具を替えたり衣替えも必要になるタイミングです。

世の中には"片付けられない人"がたくさんいらっしゃるようですが、"断捨離"、"大掃除"と構えると、なかなか手が付けられなくなりますから、もっと気楽に、時間を区切って場所を分けて、少しずつ取り掛かれば大丈夫!

私は朝食前の1時間で、今日はクローゼットのこの部分、次の日は冬の衣服、と小分けして処理します。

出典筆者撮影

シックリ来ないモノが部屋の中に1つあるだけで、その部屋は徐々に自分らしくなくなり、モノがモノを呼んで増えてくると、余計に掃除も整理整頓も億劫になってきますが、収拾がつかなくなる前に断捨離に取り掛かります。そして、本来の、また現在の自分らしい部屋に刷新するのです。

断捨離は”部屋を片付ける”という物理的な行為の前に、まず物と向き合う精神的行為。
ただ、踏ん切りがつかないものを無理して処分することはありません。
残そうか捨てようか…これには、かくかくしかじかの思い出があって、あの時あぁだった、こうだった…そんな思いに浸ったり迷ったりしていたら、アッという間に時間が過ぎてしまいます。

気持ちの整理が付かないものは、とりあえずpening boxへ。

まず間違いなく、その箱はそのうち捨てることになるのですが、大切なのは自分の気持ちの整理。
次の断捨離までに一度もその箱を空けなかったり、気にならなくなっていれば、自分にとってそれが本当の捨てるタイミングかもしれません。
断捨離が習慣化してくると気持ちの整理も段々早くなりますから、それまではpending boxを用意してワンクッション置いてみるのもいいと思います。

私の場合、引越の度にminimalizeが進みますが、それでもまだまだ課題はあります。
やりたいこと、やらなければならないことの整理と、優先順位を付けるということ。
これが進むとモノはもっと減るはずで、断捨離もスピードアップすること間違いなし。

出典筆者撮影

◆不用品の処分について

不用品は自分で捨てなきゃダメ、という考えがあります。
捨てる時勿体ないと思う気持ちが、次から余計なものを買わないという気持ちに繋がるから。

勿論、それも一理あり。
ただ、私はなるべく、まだ使える不用品は不用品交換、リサイクルショップやオークションに出すことにしています。
自分の要不要とは別に、モノにはそれ自身の寿命があり、自分以外の人の元で役に立てる余命が残っているなら、それを全うさせてやりたいもの。


一人暮らしを始めた最初の部屋は東向きでした。そして、その年は特に寒い冬でした。
自宅から持ってきた電気の暖房ではとても足りず、ガスファンヒータが欲しいと思いました。
調べてみるとガスファンは結構な値段…オークションを覗いてみると、型遅れの中古のガスファンが1000円で出品されていました。私は飛びつくように入札し、他に入札者が出なかった為、すんなり落札。

落札した日も超寒でしたが、オークションは代金の振込みを出品者が確認してから商品を送り出すもの。出品者が会社勤めだったりすると「週末送ります」なんてことにもなりがち。

ところが、その出品者は、こちらがまだ代金を振込んでいないというのに、速攻でガスファンを送ってくれたのでした。おかげで私は落札した翌日の午後には、暖かい部屋で過ごしていました。
スウィッチを入れて噴き出してきた風、そして出品者の心遣いの暖かったこと!

次に引っ越す先はガスが使えない賃貸。引っ越しの時期は真夏でした。
このガスファンを引越前に私は、最初の半額の500円でオークションに出すことにしました。

やはりお一人だけ入札があり、落札された方は雪深い地方の市営住宅に住む女性でした。
真夏に冬の寒さを案じてオークションでガスファンを探した人…古いガスファンも、こんな人のお役に立てることを私は嬉しく思いました。

前の持ち主さんの暖かい気づかいと、私の感謝が詰まった古いガスファンは、真夏に雪国へ旅立って行きました。

つづく

この記事を書いたユーザー

権利侵害申告はこちら