母国アメリカから家族と離れて日本にある基地で滞在する米兵達が日本の小さな島の
所々にある。
沖縄の基地問題だけが根強くクローズアップされているように思う。

日本人が犠牲にあっている事は沖縄だけでは無い。
日本国内だけでも無い。
逆に、アメリカに住む日本人がミリタリーの人から辛い思いをさせられる結果に
なった人だっている。絶対数で言えばあの広いアメリカでどれだけの日本人が泣く事に
なったか?なっているか?少し冷静に考えてみるべきだと思う。

ミリタリーだから犯罪を起こしたり、基地の騒音問題が起きているのだろうか?

ミリタリーでは無いアメリカ人が、日本で仕事を持ち犯罪を起こしている事については
あまり問題にならないのはなぜだろう?

基地の騒音?
確かに凄い音だ。騒音の無いミリタリーもあるけれど、沖縄で問題になっているのは
犯罪と騒音。
どうか、基地がなくならないで欲しい、生活がかかっているのでと言っている沖縄の
日本人の人達とお会いした事もある。
この分かれ方は何を現してる??

アメリカから日本へ移動で来たミリタリー男性に騙された女性がどのくらいいるだろうか?
中には、日本人女性がアメリカ人男性を求めて軽い行動をしているせいだと言う意見もある。
それならば、沖縄でミリタリーに暴行される女性はどうなる?
軽い行動だったのか?ただ道を歩いていただけなのか?


ミリタリーではなく、日本へ来て暮らしている外国人の騒音に悩まされても、
同じマンションで過ごしている人もいるだろう。怖い思いをした人もいると思う。

ミリタリーでは無い人だから問題にならない?正直わからない。

ただ、これだけははっきりと言える。
多かれ少なかれ、ミリタリーには一般人では理解しづらい程の規則がある事と、
睡眠時間もまともでは無い程の長時間労働の人も多い。
その中で人としてストレスを感じた時、コントロール出来なくなってしまう人がいる事。
日本でニュースになる事は無いだろうが、自殺者があとを絶たない現実もミリタリーでは
実際に起きているという事。

そんな事は、知った事じゃないと思う日本人がいたら
あなたは日本人である前に「人」として考え直してもらいたい。


母国に、妻や子供がいても、色々な理由をつけて日本に滞在中の間だけの相手をしてくれる女性を求める人も少なくない。
母国ではモテナイ人でも、日本なら安易に関係を持てると思っている人も多い。
恋愛は、日本人同士でもミリタリーの人でも、色々な国の人が日本には暮らしているわけで、個人の問題として相手を見極めるという事を忘れてはいけないという事。

ごく自然にミリタリーの人と恋愛が始まって、幸せな結婚生活を送っている人もいる事。
その間に生まれた子供も幸せに暮らしているケースもあるという事。
ミリタリーで働いている人みんなが、犯罪の恐れがあるわけでも、騒音を良しと思って
いる人ばかりでは無いという事を忘れてはいけないと思う。

沖縄の基地問題は、国と国の政治の問題であって、ミリタリーで働く個人では
どうする事も出来ないという事を忘れてはいけないと思う。

もし、今、沖縄の基地が無くなっていたら?
それ以外の場所にある基地がなくなっていたら?
近隣国から日本はどのように見えただろうか?

近隣他国からミサイルが自分の国の海に飛んできても、戦争をしないと宣言している日本では戦争が始まりそうな気配でもなく、ニュースでも報道されるが、実際に生活する国民同士が慌てているかどうか??誰か逃げる準備を始めていますか?

アメリカのミリタリーの基地がなぜ日本の所々にあって、アメリカからミリタリーの人間がこれだけいっぱい滞在しているのだろうか?
アメリカが良い意味でおせっかいな国である事、日本は利用されているようで
逆にお金だけ払って、利用しているのではないだろうか?私はそう考える時がある。


ミリタリーの人の中には、無給で日本人の為に力になろうとする人もいる。
でも、中には犯罪を犯す人もいる。
犯罪にはならないけれど、確信犯で、女性を騙す最低な人もいる。
一生懸命、母国の為に働いているという意味では、日本の自衛隊も同じだと思う。

中身が違う。これは政治的な問題。
実際に働く人間の気持ちとしては複雑で簡単には、ほどけない程の糸が絡まった状況の
中、仕事をして自身の身を守り、更には母国の家族を養っているのだと思う。
本当に貧困の中で育ち、ミリタリーに入る事で学校を卒業したいと考える若者もいる。

それは、日本の防衛大学の域ではない貧困だった人もいるという事。

今現在、
日本で働くクリエイターだろうと、エンジニアだろうと、企業で働く人間だろうと
ストレスの範囲は違うだろうけれど、職業と個人は切り離して人を判断するべきだと
私個人的には思う。

この記事を書いたユーザー

ecoplace このユーザーの他の記事を見る

シングルペアレンツとして、子育ても終わり自分の時間をたっぷり持てるようになりました。
世界や世の中、社会で起きている事に敏感に反応するのは、DV生活から海外へ逃げた勇気が持てたからかもしれません。

ここには、私の幼少期から今に至るまでに経験したり観たり聴いたりした事を、
社会へのメッセージとして書き綴っていきたいと考えています。

得意ジャンル
  • 動物
  • 海外旅行
  • 国内旅行
  • おでかけ
  • グルメ
  • 料理
  • テレビ
  • 恋愛
  • 美容、健康
  • ファッション
  • キャリア
  • ニュース
  • 話題
  • 社会問題
  • ライフハック
  • インターネット
  • 育児
  • 広告
  • 暮らし
  • エンタメ
  • カルチャー
  • コラム
  • 感動

権利侵害申告はこちら