記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
昼食後のビジネスマンに、忍び寄る甘い罠といえば…そう、眠気です。そんなときは、眠いのを我慢せず、思いきって昼寝をした方が仕事効率がアップすることをご存知ですか?今回は、知られざる昼寝の効能についてお届けします。

昼寝は脳の記憶力が格段にアップ!

昼食をとったあとは、つい居眠りをしたくなるものですよね。しかし、勤勉が美徳の日本人は昼寝=サボりと連想しやすく、昼寝にあまりいいイメージを持っていません。

しかし、カリフォルニア大学バークレー校の研究チームが「昼寝は脳をリフレッシュさせるだけでなく、脳の回復を助けて頭をよくする」と発表したことで、昼寝の重要性に注目が集まっています。

研究方法

同研究チームは、あらゆる能力レベルが同じ若くて健康な成人被験者を「昼寝グループ」と「寝ないグループ」にわけ、脳の中で記憶力をつかさどる『海馬』を刺激する実験をおこないました。

まず「昼寝グループ」のみ、14時から90分間の昼寝をします。
その後、18時から両グループに記憶力テストを実施したところ、「寝ないグループ」に比べて「昼寝グループ」は圧倒的に正解率が高いことが判明したのです。

そもそも脳の中にある『海馬』は、記憶や情報を前頭葉に送る前に、一時的にストックしておく倉庫のような場所です。

長時間起き続けていると『海馬』はあらゆる情報ですぐにいっぱいになってしまいます。しかし、そこに睡眠をはさむことで情報が整理整頓され、新たなスペースが生まれます。その結果、記憶力がアップするというわけです。

わずか15分間のプチ昼寝で成績アップ!心臓疾患のリスクも軽減

90分間の昼寝が記憶力をアップさせることはご理解いただけたかとおもいますが、この記事を読んでいるみなさんの多くは社会人だとおもいます。

分別のある大人が、仮にも職場で「これから90分間、昼寝します」といって許可を得られることは、なかなか難しいですよね。

そこで、社会人の方におすすめしたいのが「15分~30分間のプチ昼寝」です。アメリカ航空宇宙局(NASA)がおこなった実験では、フライトの合間に26分間の昼寝をすることで、パイロットの注意力が54%アップすることがわかっています。

そして、日本においてもプチ昼寝がもたらす驚くべき効果が報告されています。福岡の明善高校で、5年前から毎日5分間の昼寝時間を導入したところ、生徒たちの集中力が増しただけでなく、センター試験の成績が上がる、現役の東大合格者が増えるなど、喜ばしい効果があらわれたそうです。

また、2万人以上のギリシャ人を対象におこなった健康調査では、「昼寝をまったくしない人」に比べ、「週に3回以上、30分間の昼寝をした人」は心臓疾患による死亡リスクが37%減少することが報告されています。

プチ昼寝は仕事効率がアップするだけでなく、健康状態にも大きく影響しているのです。

ビジネスマン必見!正しいプチ昼寝法を伝授

15分~30分間のプチ昼寝がもたらす効果がわかったところで、今度は実際、どのように昼寝をしたらいいのでしょうか?オフィス向け「プチ昼寝」の方法をご紹介します。

■プチ昼寝のゴールデンタイムは、正午から午後3時の時間帯!
昼食後、消化による血流の変化で眠気のピークが訪れるこの時間帯に昼寝をするのがもっとも眠りやすく、効果的です。

■昼寝をする前にカフェイン飲料(コーヒー、紅茶、日本茶など)を飲んでおく!
カフェインの覚醒効果があらわれるのは、飲んでから15分以降。プチ昼寝の前に飲んでおけば、目覚めもスムーズです。

■寝るときの姿勢は、「机にうつ伏せ」or「椅子にもたれかかる」のどちらか2つ!
体を横にすると、深い眠りになってしまい目覚めにくくなるからです。

≪最近ぐっすり眠れていますか?≫
あなたの「眠りの質」は大丈夫?チェックしてみよう!

目覚めた後に「まだ眠い…」と感じたら

その1 両手の親指と人さし指で左右の耳たぶをはさみ、上下左右に強く引っ張る。

その2 利き手の親指と人さし指を使い、左右の目頭のツボを強めに押す。

その3 太陽光が入る場所に移動して、背伸びや軽いストレッチをする。

以上3つのどれかをおこなえば、すっきりと目覚められるはずです。

15分~30分のプチ昼寝は仕事効率をアップさせるだけでなく、体の健康維持、ひいては目の健康にも繋がります。「午後になるといつも眠くなってしまう」という方は、毎日の習慣に「プチ昼寝」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら