記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
2016年9月2日(金)、アメリカ食品医薬品局が、今まで広く使用されてきたトリクロサンと呼ばれる成分を含む19種類の化学物質のボディーソープや抗菌石けんなどへの使用を禁止することを発表しました。

理由として、通常の石鹸と流水で手を洗った場合に比較して、はっきりした効果や安全性が認められないということが挙げられています。

今回大きな波紋を呼んだこの「抗菌石鹸」の実態について、医師に解説をしていただきました。

薬用石鹸と通常の石鹸の違い

【通常の石鹸】
石鹸の定義には色々ありますが、界面活性作用をもつ物質の働きを利用して、ばい菌や汚れを落とすものです。

特に薬用せっけんでなくとも、皮膚の表面の脂肪などを落とし、汚れを落ちにくくする働きがあります。

【薬用石鹸】
医薬部外品に当たる薬用せっけんとうたわれている石けんには、肌の殺菌を主な目的としたものと、肌荒れを抑える目的で作られているものの2種類があります。

今回話題になっている前者は、抗菌作用などを持つといわれる、上にあげたトリクロサンやイソプロピルメチルフェノール、トリクロカルバンなどといった物質が配合されています。

販売禁止の引き金となった「トリクロサン」

トリクロサンは薬用せっけんをはじめとして抗菌作用をうたって数多くの商品に広く使われている物質ではありますが、実際には今回のニュースのように通常の石鹸と洗浄効果自体は変わらないのではないかという話もあります。

広くこの物質の入った薬用せっけんなどを使い続けることによって、人間の身体や生態系に却って害を与えたりする可能性があるのではないかということが問題になっているものです。

「トリクロサン」が引き起こす危険性

【感染症に弱くなる】
動物実験ではトリクロサンに暴露されることで、ブドウ球菌に侵入されやすくなるという研究結果が出ているようです。

【腸内細菌叢に影響をあたえる】
トリクロサンは母乳に移行すること、また、トリクロサンの存在が母子双方に腸内細菌叢に影響することが知られています。

【耐性菌を作る】
腸内細菌叢の変化によって、今ある抗生物質に耐性ができてしまう可能性もありますね。

【環境を汚染する】
人間の体内から排泄されたトリクロサンは、下水道に入り微生物に悪影響を与えることもわかっています。

日本で起こりうる影響

今後、日本においてもこの流れを受けて、販売されている抗菌効果をうたった薬用せっけんや抗菌商品には見直しがなされ、場合によってはアメリカ同様規制の対象になることもあると思います。

殺菌、消毒に対する日常の意識

殺菌、消毒に対する日常の意識として、外から帰ってきたときや食事の前、トイレの後などに石鹸と流水でごく普通の手洗いをこまめに丁寧に行うことが大切です。

≪日頃から、手洗いうがいをしっかりやっていますか?≫
風邪予防は日々の習慣から!【風邪予防の習慣】をチェックしてみよう!

医師からのアドバイス

清潔志向、除菌ブームは近年著しいようですが、実際どのくらいの効果があるのか折に触れて検証していくのは大切なことのように思いますね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら