カフェやレストランで、隣の席の客が話していることを聞こうとしなくても、耳に入ってくることは多々あります。オーストラリアのパースにあるカフェで、男性がランチをしていたところちょっと聞き捨てならない発言が隣から聞こえてしまいました。

あなたなら、どうする?

Licensed by gettyimages ®

差別発言とはいえ、隣の客同士が話していること。つまりは完全なプライベート会話なのです。聞こえてしまってどう感じたとしても、やはり他人の会話に口を挟むことはしないという人がほとんどではないでしょうか。

でも、ジャーレッド・ウォールさんは違いました。

アボリジニの血を引くウォールさん

Pinned from metro.co.uk

ウォールさんはアボリジニを先祖に持っています。「アボリジニ」とはオーストラリア先住民のことで、日本の「アイヌ」やニュージーランドの「マオリ」と同じです。国の文化を培ってきた彼ら先住民は何かと差別的発言を受けることが多く、ウォールさんは、自分の大切な先祖が差別発言されているのを聞いてしまったのです。

高齢者女性2人は話に夢中になっていた

Licensed by gettyimages ®

ウォールさんが自身のFacebookに綴った文章によると、高齢者女性は話に夢中になるあまり、アボリジニについて差別発言をしていたにも関わらず、声を落とすこともなく話していたそうです。

ウォールさんはその話が耳に入ってしまったために不快に感じました。でも、相手は高齢者。しかもプライベートな会話中。割って入って相手に不快な気分をさせるよりも、ウォールさんはもっといい方法を思いつきました。

メッセージと共に紅茶をご馳走した

出典 https://www.facebook.com

ウォールさんは、米大統領夫人であるミッシェル・オバマさんが7月に民主党全国大会のスピーチで発言した言葉にとても感心していました。それは「相手が低く出ているなら、自分は高く出よう」というもの。相手の言動がどれだけ不快に感じても、自分は同じレベルには決してなってはいけないという意味が隠されています。

自分の先祖「アボリジニ」のことをよく知らない人たちに、差別発言をされるのはやはり気分のいいものではないでしょう。だからこそ、ウォールさんは高齢者女性2人に紅茶をオーダーし、レシートに「お茶、楽しんでください!あなた達の隣の席に座っている2人のアボリジニをもっと褒めてください」とちょっと皮肉ったメッセージを書きました。

Licensed by gettyimages ®

「今度から彼女たちは、発言する前にちょっと考えてくれるといいなと思う」とFacebookにそう綴ったウォールさん。現在、2万以上のユーザーが「いいね」をし、2千以上のシェアと2千件以上のコメントが寄せられています。

中には「あくまでも隣の席の会話だから、何を聞いても無視するべきだったのでは?だってあなたは無関係だし大きなお世話でしょう?」という意見もありました。しかしこれに対しては「無関係じゃないよ。彼は自分の尊敬する先祖のことを言われたんだ。自分に関係している聞き捨てならない発言だったから、紅茶で皮肉ったんだと思うよ」という反論が。

ほとんどのユーザーは「そういうやり方は懸命ね。親切にもなるし、ちょっと皮肉っているのが効果ある」と、ウォールさんの行為を称賛する声を寄せていました。

他人の会話にどんなやり方であれ口を挟むのは勇気がいること。筆者はウォールさんがこういう方法でさりげなく注意を促したことは素敵だと思います。あなたはどう感じますか?

出典 YouTube

この記事を書いたユーザー

Mayo このユーザーの他の記事を見る

公式プラチナライター。イギリス在住22年目。いつも読んで下さる皆さんに感謝。Twitterアカウントは@mayonesque18です。よろしくお願いします。

得意ジャンル
  • 話題
  • 社会問題
  • 動物
  • 海外旅行
  • 育児
  • テレビ
  • カルチャー
  • 美容、健康
  • ファッション
  • 感動
  • コラム
  • おもしろ

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス