記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。

自分じゃなかなか気がつかないかもしれませんが、意外と口臭は知らないうちに臭ってしまっていることがあります。

口臭対策のひとつとして「マウスウォッシュ」がありますが、どのようなものを選んで使えば良いのでしょうか。

そこで今回は「マウスウォッシュの選び方」を、医師に聞いてみました。

口臭の原因

■歯みがきが足りない

虫歯

歯周病

蓄膿症

■ニンニク、お酒など

■胃の調子が悪い

糖尿病

■肝臓病

自分の口臭に気付けない理由

口臭の強い方が、自分でそのニオイに気づかない原因としては、自分の口の強いニオイに慣れてしまい、いわゆる「鼻がバカになってしまう」状態となってしまうためです。

マウスウォッシュの効果

■口臭を抑えてくれる効果や歯周病のリスクを小さくしてくれる効果があります。

■できてしまった歯周病を治療する効果はありません。

■薬用タイプは虫歯予防にも効果があるとされます。

■口臭予防の効果は5分から10分くらい持続することが多いようです。

マウスウォッシュの選び方

マウスウォッシュは身だしなみの一環として使用する方が特に比較的若い方を中心に多くいらっしゃるように思います。ただ、色々な種類のマウスウォッシュが出ているのでどれを購入したらいいか、薬局やスーパー、ドラッグストアなどで迷ってしまう方も多いのではないかと思います。

選び方としては、できるだけ安全性が高く、効果も高いものということになりますね。口腔内には重要な常在細菌叢がありますので、あまりにも成分の強いものはこれらにも影響を与える可能性があり、おすすめできません。

また、濃い色のついているものは歯に色素が沈着してしまう可能性もありますので、こちらもきれいな白い歯を保つために避けたほうが良いかもしれません。

マウスウォッシュの意外な使い方は効果ある?

ニキビ

お肌に塗るために作られたものではなく、かぶれなどが出てしまう可能性がありおすすめできません。

水虫

こちらもニキビ同様、本来の使用目的と異なるので、安全が保障できないと思います。

口内炎

除菌効果で、口に含んでたまたま治ったということはもしかしたらあるかもしれませんが逆に刺激になってしまう可能性もあり全くおすすめできません。

虫刺され予防&緩和

こちらは、本来の使い方とは異なりおすすめできません。

生ゴミのニオイ消し

これはさわやかなにおいで効果がありそうですね。

医師からのアドバイス

≪口の中がネバつく?それ、ドライマウスになってるかも≫
口臭や口内炎の原因にもなるドライマウス、おクチの乾燥度はココで分かる!

マウスウォッシュは口臭予防の強い味方ですが、効果は一時的で万能ではありません。

口臭を抑えたい方はやはり、歯磨きをやデンタルフロスをきちんとしたり食べるものや胃腸の調子に気を付けるようにし、そのうえでプラスαとしてマウスウォッシュを使うことを検討するとよいでしょう。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス