記事提供:Doctors Me

医師が解説する医療・健康サイト「Doctors Me」編集部です。
臨月とは、妊娠36週0日から39週6日までの期間を指します。産科で言われる正産期とは37週0日から41週6日を指すので、少し時期がずれています。

いよいよ出産まであと少しといったところでしょうか。出産への不安と、赤ちゃんに会える喜びが入り混じる時期かと思います。

そんな「妊娠における臨月の状態」で、お母さんや周り人はどのようなサポートをすればよいのか医師に聞いてみました。

臨月の症状

・おなかが下がってくる
・前駆陣痛が始まる
・胃のあたりが軽くなって食欲が出てくる
・胎動が減ってくる
・足の付け根や恥骨が痛む
・排尿間隔が狭くなる

臨月の時に準備しておくことは何ですか?

臨月の際には、お産の準備をしておきましょう。

多くの場合病院から、出産に備えて準備しておくもののリストを渡されるはずですので、バッグなどに詰めて、いつ入院になってもよいように準備万端にしておくとよいです。

母子手帳や保険証、病院の電話番号や診察券なども持ち歩くようにし、出先から直接病院に向かうような事態になってもパニックにならないように、入院の準備をしたバッグは家族にもありかを伝えておきましょう。

また、赤ちゃんの準備も総仕上げです。赤ちゃんが生まれたら、特に最初のうちはなかなか外出することが難しいですから、おむつや肌着、新生児用のおくるみや車で病院から連れて帰るのであればベビーシートなども忘れずに。

臨月の時の食事で大切なこと

まず大切なことは、栄養バランスのとれた食事を、腹8分目に食べることです。

赤ちゃんが下に降りてくることから胃のあたりの圧迫感がなくなって、食欲もわいてくる時期ですが一気に体重が増えてしまうと、難産になる可能性がありますので、この点には十分気を付ける必要があります。

また、塩分も摂りすぎると血圧が上がったり、むくみが出たりしますので注意が必要ですね。

臨月の時にできる運動

もちろん、妊娠の経過が順調で産科の主治医から運動を許可されていることが前提条件ですが、出産に大切な腰のあたりを鍛えるような運動が良いとされています。

身体も重く、お腹の影響でバランスも悪くなっていますので、激しい運動は安全のために控えたほうが良いと思います。

近所を軽くウォーキングしたり、妊娠中の方でも参加できるヨガなどを行ってみるのもよいと思います。

臨月の時にしてはいけないこと

・激しい運動
・食べ過ぎ
・一人で長時間の外出
・塩分の摂りすぎ
・性交渉
・里帰りは34週までに済ます

≪妊娠中、正しい過ごし方をしていますか?≫
あなたの妊娠中の生活をチェック【妊娠中の正しい過ごし方】診断

医師からのアドバイス

臨月になると、赤ちゃんに会える喜びと期待感、それからお産への不安感などが徐々に現実味を増して強くなってくる時期に入ります。

特に初産であれば、色々わからないことや不安も多いものですし、この時期は妊娠も終わりに近づき、無理は決してできない時期です。

しかし、体調が良いようであれば、パパとゆっくりレストランで食事をする時間なども可能なら持っておきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

この記事を書いたユーザー

Doctors Me(ドクターズミー) このユーザーの他の記事を見る

Doctors Me(ドクターズミー)は、医師、薬剤師、歯科医、栄養士、カウンセラー、獣医に相談できる、ヘルスケアQ&Aサービスです。医師をはじめとする専門家が解説する人気コラム、病気・症状の体験談等を配信中!

権利侵害申告はこちら

Spotlightのライターなら1記事最大3000円もらえる!日本最大級メディアでライターデビューのチャンス